USCPA合格者 藤間 裕介さん

藤間 裕介さん

通信
国内
会計知識無

藤間 裕介さん

USCPAで「グローバルな人材」に。アビタスを選んだのは効率の良さ!

USCPAをめざしたきっかけ

私がUSCPAを目指そうと決意した理由が2つあります。

まず、国際的に活躍できる人材になりたいこと。そして、専門性を十分に活かしキャリアアップを図れることです。

1つ目の理由として、私は子供の頃から「グローバルな人材」になるといった漠然とした夢がありました。この目標を実現する為には自分に何が必要かと真剣に考えた結果、USCPAに辿り着きました。それはビジネスを行う上で、会計と英語のスキルがあれば世界で通用するのではないかと考えたからです。

しかし、私は当時大学院でアンテナ工学を専攻していました。就職活動では自分の将来に対して明確な目標がありませんでしたが、この資格に出会うことで、確固たる「軸」というものを見出すことが出来ました。そして現在は夢を実現する為に日々努力しています。

2つ目の理由として、会計士という仕事を最大限に活かすことで多くの場面で活躍出来ると考えたからです。具体的には、企業や各事業体の財務データから情報を読み取り課題を解決すること、経営改善へのアドバイス、税務関連やM&Aなど広範囲に渡り活躍出来る場があると考えています。 さらに、今後IFRSの強制適用が見込まれる状況下において専門家としての需要が高まり、大きく社会へ貢献出来るとも考えています。

以上に述べた2点の理由から私は、USCPAを目指す事を決意しました。

アビタスを選んだ理由

アビタスを選んだ最大の理由は「効率の良さ」です。

USCPAを取得する専門学校は、幾つかあります。私も学校選びには慎重になりました。

最終的な目標は同じ試験合格ですので、重要なポイントは最小限の労力で突破することです。この試験は範囲がとても広く本番では全体的に万遍なく出題されます。

しかし、細かい論点を深追いし過ぎると必要以上に時間と労力を奪われてしまいます。そこで、アビタスの教材では試験突破に必要な論点を吟味しているために無駄がありません。そのお陰でアビタスの教材をしっかり押さえることが合格への近道となります。

他校よりも教材の量や講義数が少なく初めは不安に思いましたが、今振り返ってみると私の選択は間違い無かったと言えます。それは、実際にこうして最小限の時間で全科目合格を達成出来たからです。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

この資格は日本の公認会計士と違い、求められる知識が多岐の分野に渡っています。つまりUSCPAを取得することで広範囲に渡り活躍出来るということでもあります。

資格取得を目指される方それぞれのキャリアアップに間違いなく大きな付加価値を生むと思いますので、目指す価値は十分にあると思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)