USCPA合格者 赤石 秀太郎さん

赤石 秀太郎さん

通信
国内
会計知識無

赤石 秀太郎さん

大学在学中に合格!入会から合格まで安心して学習が出来ました。

  • 大学生4年生
大学生の学割パックはこちらから

USCPAをめざしたきっかけ

中学校から大学までの付属校に通っていたため勉強にはあまり縁がありませんでした。そのため大学入学当初、在学中に学部の勉強の他にも何か個人的に勉強をしたいと考えていました。 様々な資格勉強などを検討しましたが、高校3年生の春休みに簿記2級を取得したこと、英語が好きだったこと、将来海外で働きたかったことの3点からUSCPAを目指そうと考えました。

アビタスを選んだ理由

講師やスタッフの方々の印象がとても良かったからです。 最初に無料セミナーでアビタスに伺った際、質問を聞いて下さったスタッフの方が、後日メールでも質問に丁寧に答えてくださり、安心して入学することができました。 もちろん。入学後も出願など様々な手続きの過程で遭遇した疑問や不安点について回答を頂きました。

また、すでに米国公認会計士の資格取得を目指し通学されている大学生を紹介してお話を聞く機会を頂けたことも決め手の一つになりました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

○モチベーションの維持に関して

・学歴評価、出願などやれる手続きはなるべく早くやりましょう。 私の周りで勉強を辞めていった人々は殆ど全員、出願など手続きをする前に辞めています。学歴評価、出願、テストセンターの予約など手続きを踏むにつれ試験を受ける実感が湧きモチベーションも保ちやすくなります。

・もし可能であれば、USCPAを目指す友人と一緒に定期的に勉強をしましょう。私は学生ということもあり、多い時期は2日に1回は友人とUSCPAの勉強をしていました。お互い、勉強内容の理解を確認できますし、相手の勉強する姿を見ると自ずとやる気が出ます。また振り返ると、目標を共有する友人がいることが精神的にも大きな支えになっていました。

○勉強に関して

・教科書の読み込みや論点の確認など、全体の整理に重点を置きましょう。MCを中心に進めてしまうと、同じ論点に関する問題でも触れた事がある問題と違う視点から問われた場合、正解が分からないことがあります。

・MC問題集で間違えた問題は必ず教科書に戻って復習しましょう。また復習の際には間違えたポイントの周辺にも目を通しましょう。

○試験本番に関して

・当日は早めに会場に入り、教科書を読みましょう。また当日までに自分が間違えやすい論点などを見つけておいて教科書にドッグイヤーをしてブースに入る前に必ず復習しましょう。

・科目によっては長時間の試験なので無理せずテストレットの間に休憩を取りましょう。私は1回の試験でだいたい2回は休憩を取り、背伸びをしたりお手洗いで手を洗ったりして気分転換をするようにしていました。

○その他

・試験結果発表の進捗度合はNASBAのtwitterアカウントやfacebookのCPA exam clubで大まかに確認できます。

・試験が全て終わったら思いきり羽を伸ばしましょう。私はお酒が好きなのでクラブやホテルのスタッフに聞いた現地の方が良く行くバーなどでリフレッシュしていました。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)