USCPA合格者 三木 尚子さん

三木 尚子さん

通学
国内
会計知識有

三木 尚子さん

会計を含んだビジネスに役立つ知識を幅広い範囲で学習できる点が魅力でした!

  • 監査法人系コンサルティング会社  フィナンシャルアドバイザリー
    フォレンジックサービス

USCPAをめざしたきっかけ

会計経験が全くないなかで現在の会社(監査法人系 コンサルティング会社)に入社し、当初は会計知識がなくてもこなせるプロジェクトを行っていましたが、当該プロジェクトが終わった後は監査法人系のアドバイザリーファームであることから、その他の仕事を行う上では会計知識が不可欠になりました。

最初は簿記3級・2級を取得し、さらに知識を高めるためには簿記1級かUS CPAを目指そうと考えました。簿記は会計の「言語」であるため非常に重要ですが、あまりにも色々なことに対して無知だったその当時の私のニーズは、会計のみを深堀するよりも、会計を含んだビジネスに役立つ知識を幅広い範囲で学習することでした。また、将来海外で仕事する機会がほしかったため、海外でも通用するUS CPAの資格取得を目指すことに決めました。

アビタスを選んだ理由

US CPAの学校を選ぶ際には、・授業の質、・教科書の質、・コースの価格、・教室や設備等をポイントに、アビタスを含めて4校を検討しました。

アビタスを選んだ理由としては、講師がインパクトのある授業を行っていること、教科書が非常にわかりやすくまとまっていること、教室や設備が綺麗なことの3点でした。

価格は若干他校より高かったですが、他の3点において他校より断然優れていたのでアビタスで決めました。特に強調する点は、アビタスの授業とテキストがコンパクトなことです。会社での業務が忙しい中、膨大な量のテキストに目を通したり、長期間授業を受けるのは大変です。どの学校に行っても目指す試験は同じなのであれば、一番効率よく試験に合格することを支援してくれる学校がいいと思いました。それがアビタスでした。

学習方法

勉強方法としては、とりあえずテキストを何度も読み返し、熟読しました。あとはMCカードを何回もまわし、毎日通勤電車の中、ランチ時間、帰宅後も練習しました。集中力が長く続かないので、一日のうち何回かに分けて勉強したのがよかったと思います。試験の手ごたえはFARとRECは非常に悪く、落ちたと思っていたら受かっていました。その反対に、BECとAUDは比較的手ごたえがあったのにも係わらずFARとRECより点数が伸びませんでした。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

USCPAの試験は努力すれば必ず受かる試験です。試験の範囲が広いため学習するのは大変かもしれませんが、その分ビジネスにおける基礎知識をつけることができます。

私はUSCPAを勉強してから会社の中でのランクが二つあがりました。USCPAを取得して転職におけるキャリアアップを目指す方もいらっしゃいますが、現在の会社の中でのキャリアアップも十分に目指せると思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)