USCPA合格者 大久保 敬三さん

大久保 敬三さん

通学
国内
会計知識無

大久保 敬三さん

きっかけは、株式公開準備。会計以外にも、法律、Finance、IT、英語、等々学べるのが魅力的でした。

  • エンタテインメント企業 経営企画担当

USCPAをめざしたきっかけ

勤務先にて2008年度中の株式公開に向けて準備に取り組んでいましたところ、J-SOXへの対応が必要になりました。

2007年当時はみんな手探りで確実な情報がなく悩んでおりましたが、先行事例として米国のSOX法を学ぼうと思いつき情報を収集した結果USCPA受験講座にたどり着き受講しました。週末に通学していたころは仕事が忙しくほとんど復習もできない状況でしたが、突然のリーマンショックにより直前で株式公開が中止になりました。

当面の目標がなくなり業務にも余裕が出ましたので、せっかく受講したのでUSCPAの試験を受けるべく本格的に勉強することにしました。

アビタスを選んだ理由

以前「経営財務」という冊子にて三輪社長が金児昭さんと対談されていたことが記憶に残っていました。USCPAの試験は変に難しいところがなくプロフェッショナルとして必要な基礎を網羅している、というようなことをおっしゃっていたと思います。ご自分のビジネスを明快に自信を持って語れるのはすばらしい、と感じたことがアビタスさんへの信頼につながりました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

私自身、合格しましたがこれをどのように活かしてゆくか考えているところです。学習を続けるには、モチベーションの維持が重要です。モチベーションを維持するためには、今後のキャリアプランについて考えながら勉強することも大事だと思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)