USCPA合格者 Y.Aさん

Y.Aさん

通信
国内
会計知識無

Y.Aさん

50代で念願の学習スタート!
アビタスの教材だけで1年後に合格

  • 外資系金融機関 リテールリスク部門

USCPAをめざしたきっかけ

若い頃、米国のビジネススクールに通う機会を得ることができたのですが、そこでUSCPAを知り興味を持ちました。けれども当時はMBAのプログラムを修了するのが精いっぱいで、とてもUSCPAの学習までは手を回すことができませんでした。

あれから20年以上、頭の片隅では常にUSCPAのことが気になっていましたが、勤務先の破綻・それに伴う失業をきっかけに、遅まきながらUSCPAの学習を始め、短期合格をめざすことにしました。

アビタスを選んだ理由

アビタスで学んだきっかけは、以前の勤務先のファイナンス部門にアビタスのIFRS検定コースのMC問題集をお持ちの方がいて、たまたま見せてもらった時に、非常に分かりやすいと思ったことです。その方は既にUSCPAの試験に合格されていましたが、話を聞いているうちに「教材はアビタスがいい」と思うようになりました。

その後、実際に私もアビタスを訪ね、カウンセリングでスタッフの方から話を聞いて受講を決めました。

学習方法

アビタスでは通信コースを受講しましたが、4科目のテキスト・MC問題集を含め、学ぶ内容は多く、量をこなすにはそれなりの時間がかかりました。重要ポイントに絞った学習内容ではありますが、やはり合格に至るまでに1000時間は勉強したと思います。

DVDで講義を視聴してテキストを読み、その後MC問題を一度解いてみて、分からなかった問題をテキストで再確認する。この流れの学習を各単元ごとにくりかえし行いました。先へ進めば進むほど、前に学習した内容を忘れてしまいがちなので、先に進むと同時に、以前学習した内容のMC問題も解き、解答を読むことを必ず行いました。

結果として、アビタスの教材以外は全く使いませんでしたが、短期合格を実現することができました。USCPAの学習開始から最終的に合格通知を手にするまで、約1年でした。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

USCPAはキャリア形成において、多様な可能性を拓いてくれると思います。そして、きちんと学習すれば誰にでも合格のチャンスがある試験です。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)