USCPA合格者 N.Mさん

N.Mさん

通信
国内
会計知識無

N.Mさん

英語だけでなく、どの業界でも必要な会計力をつけるために。 合格への近道は、要点の絞れた教材!

  • OA機器メーカー 経理担当

USCPAをめざしたきっかけ

大学卒業後に就職した会社を諸々の事情があり、2ヶ月で辞めてしまいました。容易に想像がつくかと思いますが、そのような状況では、いわゆる普通の社会人として生きていくには、圧倒的に不利な状況となりました。そういった状況を打破する為に何かをしなければいけないと思案している中で、USCPAという資格に出会いました。

大学での専攻は英語でしたので、何らかの形で少しでも英語を活用できるようなグローバルな仕事に就きたいという思いがありましたが、英語は仕事をする上でのひとつの手段であるだけですので、ある程度の英語ができるだけでは意味がないということもわかっていました。

そんな中で、USCPAでは米国の資格ということで、英語力を証明することも可能ですし、会計という、どの会社にも必要となる専門的な知識を習得できるということでしたので、目指すこととしました。少し大げさな言い方かもしれませんが、自分の気持ちの中では、人生をもう一度やり直すという気持ちを持って始めました。

アビタスを選んだ理由

USCPAセミナーに参加させて頂き、その時のスタッフの方に丁寧なご対応を頂き、凄く好印象であったのと、何よりもアビタスの教材には、合格する為に必要な要素がたくさん含まれていると感じました。

米国の資格であり、全て英語での試験の為、学習時から英語ですべきだという声もあるかと思いますが、やはり母国語で学習することが理解することへの一番の近道だと思いますし、長年の経験から無駄を削ぎ落として要点のみに絞られている教材が、何よりも魅力的でした。

学習方法

1教科合格してからは、一気にトントン拍子で合格することができました。今思い返してみると、問題を解くよりも、テキストを何度も何度も熟読し理解をしていくことに重点を置くようにしてから、たてつづけに合格するようになったと思います。あとは、勉強をしない日をつくらないことが重要だと思います。

どんなに忙しい時でも、通勤の時間等細切れの時間を大切しました。やはり何と言っても、あきらめない気持ち、継続は力なりだと思います。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

なかなか結果が伴わない時には、合格することだけに気持ちがいってしまいがちですが、そうではなく、日々の仕事の中で今学習していることがどのように繋がっていくかとか、USCPAを目指した当初の気持ちを思い出すとか、また合格することが最終目標でなく、合格後の将来の自分のイメージを常に描きながら勉強するのが良いかと思います。

私は最終合格する迄に随分と長くかかってしまいましたが、諦めずに地道に取り組めば、必ず最後には報われる資格だと思います。頑張って下さい!

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)