USCPA合格者 M.Gさん

M.Gさん

通学
国内
会計知識有

M.Gさん

アビタスの長期サポートで、もう一度学習再開! 学習再開から8ヶ月で全科目合格できました!!

  • 外資系保険会社 経理担当

USCPAをめざしたきっかけ

実はUSCPAの受講を始めたのは、2001年でした。仕事でUS GAAPの知識が必要だったため、気軽に受講を決めましたが、実際仕事と勉強の両立は難しく、元々の目的はUS GAAPの知識を得る事だったため全教科受講はしましたが、受験勉強はせずそのままアビタスからは足が遠のきました。

その後会社を退職して海外で会計とは全く異なる勉強をし、帰国した2008年、再就職活動を始めた矢先にリーマンショックが起こりました。求人数が激減したこと、また短期間の再就職活動を通して日本社会においての資格保有の大切さを痛感し、その時点での再就職を諦めUSCPA取得の勉強を再開することにしました。

アビタスを選んだ理由

2001年にアビタスになる前のUS エデュケーションネットワーク時代に受講を始めたわけですが、今回勉強を再開するにあたって、この会社にして本当に良かったと思ったのが10年保証と、ほぼ10年後にも会社が存続していたということです。(最近は5年保証になったようですが。)

自分でも驚くことに受講証や契約書を大切に保持していたため、再度勉強を始めようかどうしようか迷っている時に、アビタスに電話をしたところ、10年保証で教科書等は新規に購入必要ですが、受講自体は無料で行えます、と教えて頂き、そこで、勉強をすることに決めました。もし、この10年保証が無ければ勉強を始めることが出来なかったと思います。

10年前に受講を決めた時に存在していた他社は会社が存続していなかったりしましたので、アビタスにしておいてよかったと思いました。また、教室の場所が新宿と八重洲で、通いやすい場所に学校があったことも再受講の決め手となりました。

学習方法

全科目、アビタスの教材のみ使用しました。SIMのWCの模範解答を自分でICレコーダーに録音し、移動時間や自宅で家事を行う時に、常に聞くようにしました。

AUDは、全てのREPORTの例文も録音し、聞き流していたところ、REPORTの穴埋め問題や正誤問題は自然と出来るようになりました。受験出発5日前からMCをランダムに全ての問題が復習出来るように計画し、間違えた問題を、現地で全て解きました。5日程度なら記憶が続くので、全ての問題を覚えたまま試験に臨むことが出来たように思います。現地にはなるべく一人で行くことをお薦めします。旅程も全て勉強につぎ込むことが出来るからです。行きの飛行機内では、ひたすらMCを解き、現地でもMC見直しと録音した物を聴き続けました。

AUDはMCが明らかに難しくなっていったので、手ごたえはありましたが、REGはSIMの一ページ分丸々出来なかったので、不安がありました。結果はREGの方が点数が上でした。毎回思いますが、手ごたえはあてになりません。とにかく、諦めず、ひたすら時間内あがき続けることが重要だと思います。AUDは時間が余りました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

会計経験者やUS GAAPの知識が必要な仕事をしている方にはこの勉強通して実務の理解がより進むという利点がありますし、合格も非常に難しい資格だとは思いません。とにかく勉強を続ける強い意志と時間が必要なので、それを確保することだと思います。

そしてひたすら反復すること。長期間勉強して取る資格ではありません。詰め込みで短期決戦で終えることが重要です。私は勉強期間無職でしたので、本当に毎日を資格の勉強に充てることができましたが、たとえ仕事をしていても毎日なんらか勉強して覚えたことを忘れない努力をすることが必要だと思います。暫く勉強を怠ると、せっかく以前覚えたことを忘れてしまいます。ですから、この資格で必要なのは、絶対にいつまでにこの資格を取るという強い意志、時間設定、そして記憶力です。私は毎日アビタスの自習室を利用させて頂きました。一人で勉強するより集中できたように思います。合格体験記も良く読み、勉強法も参考にさせて頂きました。一問でも多く問題を解いて出題傾向を知ることが重要なので、模擬試験も受験しました。

そして、最後はアビタス友達を作ること。試験の情報共有をすることも出来ますし、何よりこの資格を目指しいている人でないと共有出来ない感情を話し合える人がいることは非常に支えになりました。友達を作ることはなかなか難しいですが、私はたまたま模擬試験の時によい方と出会えてその方とその後度々お会いしました。資格取得後も再就職や転職の情報のやり取りもでき、今も交流が続いています。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)