USCPA合格者 正木 宏美さん

正木 宏美さん

通学
国内
会計知識無

正木 宏美さん

USCPAは会計と英語が同時に学べ、ビジネスパーソンに必要なエッセンスが詰まっているのが魅力でした!

  • 外資系審査機関 アナリスト

USCPAをめざしたきっかけ

大学卒業後、商社で海外拠点を管理するような業務を行っていた際、拠点の経理を見たり現地の会計士とやり取りする機会があり、会計に興味を持つようになりました。
そこでまず日商簿記3級の勉強を開始したところ、その簿記的考え方が面白く、会計の知識は仕事にも非常に役立つことを実感して本格的に勉強したいと思うようになりました。

ただその後は仕事が忙しくなかなか始められないままでいたのですが、社会人になって数年、日々仕事をこなし常に何かアウトプットするような生活がつづくと、やはり純粋に知識を吸収したり、学んだりする時間が欲しいと強く思うようになり、改めて勉強を始めようと思いました。

そこでせっかくやるなら物事を体系的に学べ形に残る資格がよいと思っていたところ、USCPAは英語と会計が同時に学べ、またファイナンスやビジネス一般についても広く学ぶことができると聞き、当時海外との仕事をしており、経営管理的なことに興味をもっていた自分にとって非常に面白そうな資格だと思い、開始することにしました。

アビタスを選んだ理由

もともとUSCPAの専門学校と言えばここというイメージがありましたが、実際セミナーに参加してみると、CPA受験に必要な教材やサポート体制がしっかりしている印象を受け、決めました。また知人がこちらで勉強していたこともあり、教材や授業が良かったと聞いていたことも安心材料でした。

実際に勉強を開始してみると、授業の進め方に無駄がなく、また受験手続に対するサポートもきちんとしていたので、時間のない社会人にとっては効率的に学習が進められる環境でした。
特に受験手続については、出願州によって満たすべき要件や手続きも違い、その要件が変わることもあるため、勉強と並行し計画的に手続きを進めなければならないのですが、アビタスで常に最新情報をアップデートしてくれるので安心して学習に集中することができました。

学習方法

学習方法についてですが、まずは基礎・土台をしっかり作るということを意識しました。
と言っても、学習開始期は仕事しながら勉強するという環境に慣れるのに精一杯で、とにかく毎週授業を受けて、復習に該当部分の問題集を解く、分からないところは質問してクリアにし、次週の授業に臨むというサイクルを繰り返し、なんとか授業についていくことを心掛けました。

学習が進み、ある程度自分なりの勉強スタイルが確立してくると、試験に向けてアビタスで配られる総合問題集に取りかかったり、模試を受けたりと、試験本番を意識した学習にシフトしていきました。
ただ直前期であっても、始めに配られるテキストと問題集(MC)が全部の基礎となり、何度もテキストを読み返し、問題を解くようにしました。学習が進んだところで振り返ると、初めて学んだ時には発見できなかったことに気付いたり、より深く論点を理解できたりするので、常に基本に立ち返り理解を深めることは大切だと思いました。

また、受験勉強を通じて強く感じたのは、根本となる考え方や理論、原則を理解し、個別論点を学ぶ時もそれらを意識しながら学習を進めることが大切ということです。そうすることで、なぜこの会計処理なのか、監査人はなぜこういう行動をとるべきなのか、などがすっと入ってきやすいですし、同じ問題を解く場合でも、暗記ではなく、様々な観点からその問題を考えることに役立ちました。また試験対策という意味でも、見たことのない問題に当たったときやWritten Communicationなどに対応しやすいのではと思います。

受験手続き

特にUSCPA特有だと思いますが、受験できる状態になるまで(州によって違いますが)手続きに時間を要する場合があります。そのため受験したいと思った時期にタイミングを逃したりすることもあるので、学習を開始する際に受験時期も含めた学習計画を立てることをお勧めしたいです。

私も、受験経験者からしっかり計画を立てた方が良いと聞き、勉強を開始する前に、何度もアビタスの方に学習の進め方や受験手続のタイミングなどを相談しました。おかげで、ある程度の見通しを持って学習をし(もちろん都度の軌道修正は必要ですが)、ターゲットを決めることで緊張感を持ちつつ、順調に受験することができました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

現在は、外資の審査機関で財務分析の仕事についておりますが、US-GAAP、IFRSの知識などが要求されるので、学んだことと実務を照らし合わせながら、仕事をしています。英語で会計関連の文書を読むことも多く、その点でもUSCPAの知識は役立っています

合格後に非常に重要だと思ったのは、その後の知識のアップデートです。得たものをどう生かすか、その目的ですべきことも違ってくるとは思いますが、会計基準はどんどん変わっていきますし、IFRSの流れで今は時代の転換期だと思うので、せっかく得た知識が枯渇しないよう継続的に学習していければと思っています。

USCPAは会計+英語をキーワードに、様々な可能性のある資格だと思います。学習を始める目的は人それぞれだと思いますが、私は挑戦してみて本当に良かったです。受験中は、学習が思うように進まなかったり、仕事との両立に悩んだり、勉強漬けの日々に疲れたり、辛い時期もたくさんありましたが、やはり、1科目でも初めて合格した時は非常に嬉しいですし、1年前、半年前の自分と比べた成長が目に見えて分かりやすく、良いモチベーションになりました。

また最後に、USCPA受験を通じて何より良かったなと思うのは、勉強仲間を始めとして多くの魅力的で個性的な人々に出会えたことです。これから学習を始める方も、進める中で、楽しい時期、つらい時期、色々な時期があると思いますが、是非、明るく、頑張ってください!

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)