USCPA合格者 山本 圭一さん

山本 圭一さん

通信
海外
会計知識無

山本 圭一さん

ERP導入に際して、会計士など有識者からの指摘・質問事項に会計的に正しい表現でこたえられず、恥ずかしい思いをすることがありましたが、今は言っていることが理解できるようになったため、対等に会話できるようになり、自信がつきました。

  • 日系ソフトウエア企業
  • 学習期間:3年6カ月
  • 出願州:アラスカ州 → ワシントン州

USCPA 合格点数 ・ 合格時期 ・ 受験回数

  • FAR点数 78 / 2018年7~9月 6回
  • AUD点数 75 / 2017年4~6月 5回
  • BEC点数 76 / 2017年1~3月 1回
  • REG点数 81 / 2018年1~3月 3回

USCPAを目指した理由

2つの理由があります。

1つ目は、「専門用語を正しく英語で伝えるため」です。

私は、日系企業でERP構築・設計を担当とするコンサルタントとして活動しています。

海外へのお客様を担当することが増えてきたのですが、生産・販売管理等サプライチェーンマネジメントに関する用語や、原価管理を含む管理会計、財務会計の専門用語をどう英語で伝えればよいか、適切な表現を探していたところ、この資格の存在を知りました。

ちなみに、サプライチェーンに関する英語表現は、別の米国資格を受験して習得しました。

2つめは、「会計の知識を体系的に学習したい」です。

簿記1級の学習を独学で挑戦して断念した経験があり、再学習するきっかけを探していました。

上記2つのニーズをまとめて満たすことができたということが、USCPAの学習の動機です。

アビタスを選んだ理由

簿記1級を独学で挑戦して断念した経験より、次に資格取得をチャレンジする際には、しっかり予備校の力を借りようと思っていました。

また、年齢的にも足踏みする余裕がなく、最も評判が高い予備校と伺い、アビタスの門をたたきました。

アビタスの無料説明会に参加しましたが、とても分かりやすく資格の概要を説明いただき、説明会終了後にも、時間を取って質問にも適切にこたえていただくことができました。

受験に際して不安に思っていたことや、不明点が無料説明会で解消されたため、その場で申し込みを決めました。

USCPAの学習を通じて得た事

かつては、ERP導入に際して、会計士など有識者からの指摘・質問事項に会計的に正しい表現でこたえられず、恥ずかしい思いをすることがありましたが、今は言っていることが理解できるようになったため、対等に会話できるようになり、自信がつきました。

また、いろんな人から「無理」といわれましたが、「具体的な目標を設定し、目標と現実とのギャップを把握し、埋めるため必要なことを認識し、進捗管理する」ことさえやれば、目標にたどり着くことができるという、成功体験を得ることができました。

今後の人生において大きな経験になったと思います。

最後に、副産物ですが、仕事をつづけながら学習しており、平日に(集中して)学習時間を捻出するため、体力をそぐ残業を意識して減らす工夫をしました。

まず5時半以降は絶対自習室に行く、と心に決めたことで、分単位で日々のスケジューリングをするようにしました。

また、急な作業依頼による残業リスクを減らすため、数カ月先までを見越した作業計画を立て、周囲に共有するようにしました。

その結果、残業せずとも業務に対応できるようになり、仕事のパフォーマンスが上がりました。USCPAの学習が仕事に悪影響を及ぼすのではないか、と懸念していたのですが、心構え次第ということがよくわかりました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

私は「1年、1000時間」という目安を大幅に超過しましたが、自分が持続可能なペースや学習法を見つけられれば、目安は気にしない方が良いと思います。

学習方法は、アビタス推奨の進め方に従っていただければ問題ない、と思いましたが、合格までに必要な時間は「基礎学力(簿記・英語)」や、「集中力(何時間も集中できるか、30分で休憩するタイプか)」、「学習に専念できる家庭環境か」などでおおきく差が出ると思いました。

特に「集中力」については、漫然と1000時間過ごすのではなく、例えば、問題演習の際には他の選択肢や、該当する教科書の記述に何が書いてあったか、関連するポイントは何か、等を考えながら、「頭を使って」勉強しないとだめと感じました。

とても頭がつかれますが、如何に集中力を持続しながら学習できるかが短期合格のカギになると思います。

また、問題集がスラスラ解けるようになっても不合格になったことが何度もありました。問題集が解けるレベルと、合格レベルには壁を感じました。アビタスのカウンセリングや、集中講義等でヒントが得られますので、ぜひ活用してください。

順調に進まないときは、順調な人の合格体験談を聞いて落ち込んだり、頑張っているのに自分だけ、と思うときもあると思いますが、個人差はあるものと思って、自分のペースを見つけて一歩一歩前に進んでいただければと思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)