USCPA合格者 KTさん

KTさん

通信
国内
会計知識有

KTさん

USCPAのおかげで会計キャリアのスタートラインに立てたので、苦労してでも取得した甲斐があった

  • 大手監査法人 金融事業部
  • 学習期間: 1年6ヶ月
  • 出願州:アラスカ州→ワシントン州

USCPA 合格点数 ・ 合格時期 ・ 受験回数

  • FAR点数 83 / 2016年1・2月 1回
  • AUD点数 80 / 2017年4~6月 3回
  • BEC点数 83 / 2016年10~12月 1回
  • REG点数 80 / 2016年7~9月 1回

USCPAを目指した理由

新卒で国内の金融機関に入社し、営業の仕事をしておりましたが、将来的に専門職としてグローバルに活躍したいという憧れがありました。

また、ビジネスに関心があり、数字を扱うのが好きだったので、会計や財務を一通り学べる資格の取得を検討しました。

日本の公認会計士試験も一通り学習しましたが、英語と米国の会計基準の知識があることは、会計業界を生き抜く上でアドバンテージになると思いUSCPAを取得することにしました。

アビタスを選んだ理由

合格実績の高さや出願手続き等のサポートが手厚いことが選んだ理由です。USCPAは試験の出願手続きが複雑と聞いており、私は海外と英語でやりとりした経験があまり多くなかったので、正直不安でした。

その点、アビタスのスタッフは、受験までの手続きについて丁寧に指導して下さり、非常に安心できました。また、講義やテキストがコンパクトにまとまっており、効率的に合格レベルまで到達することができました。

アビタスは合格者やOBが多く、試験勉強について、相談できる機会が豊富にある点も魅力でした。

USCPAの学習を通じて得た事

USCPAの科目合格の段階で、監査法人に入所することができました。ただ、学習を通じて得た一番の経験は、勉強を通じて自己管理能力を高めることができたことだと思います。勉強の進捗具合や試験の日程等のスケジュールを自分で考え、知識を合格レベルまで仕上げる能力を磨けたことは、日々の仕事でも非常に役に立っています。

また、全4科目の試験を、英語で、しかも限られた期間内に合格しなくてはならなかったので、予想以上にタフな勉強だったと思います。

私は、過去に日本の公認会計士試験に合格出来ず、非常に悔しい思いをしたので、USCPA試験を最後までやりきったという経験は、自分の精神面を鍛えてくれたと思っています。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

USCPAは、巷では日本の公認会計士試験より合格しやすいと言われていますが、決して簡単な試験ではないと思います。

英語がネイティブレベルで勉強が得意な方なら、働きながら短期で合格することも可能だと思いますが、一般的な日本人が会計の初心者レベルから学習を始める場合は、ある程度、日々の生活を犠牲にする覚悟が必要だと思います。

それほどの時間と労力をかけてまで取得する必要があるのか、しっかりキャリアプランを考えた上で目指されるのがいいと思います。私は、USCPAのおかげで会計キャリアのスタートラインに立てたので、苦労してでも取得した甲斐があったと思っています。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)