USCPA合格者 金 海蓮さん

金 海蓮さん

通信
国内
会計知識有

金 海蓮さん

日本の留学中にUSCPAにチャレンジ USCPAの知識と語学力を活かしてキャリアアップを!

  • 大手電機メーカー 経理担当

USCPAをめざしたきっかけ

私は交換留学で来日しました。入学の時、卒業後の進路についてアンケートを書くのがありました。

USCPAというのがあって先生に聞いたところ、国際的に通用する会計知識の資格と言われ、いつかは取りたいと夢見ていました。大学、大学院とも会計専攻していましたが、学生の時は経済的にも余裕がなくなかなか始めることができず、入社したらすぐ勉強を開始しました。

アビタスを選んだ理由

すでに合格された会社の先輩の推薦でアビタスを知りました。私の場合は、中国国籍なので渡米のビザ問題などを含ん で相談したところ、とてもやさしく教えていただきました。

また、体験授業にも参加しましたが、非常に分かり易く、迷いなくすぐ決めました。特に監査科目は、竹野先生の分かりやすい説明がなかったら、合格できなかったと思います。

学習方法

私は通信講座でしたが、自分の苦手な部分である監査と政府会計は授業に参加して理解を更に深めました。基本的な学習方法は下記のとおりです。

①DVDを一回分見たら、自分なりに論点を理解するためにまとめノートを作成。

②理解したと思ってMCをやっても、間違いがたくさんあるので再度テキストを熟読して理解。追加で気づいたポイント をまとめノートに加えます。

③次は、MCをひたすら繰り返しながら論点の理解を固めます。ここで、正解だけではなく、不正解の解答がなぜ不正解かを理解することも大事です。

④本番試験の2ヶ月くらい前にSIM対策講座を受講し、1ヶ月前は模擬試験、平日はMCのみ1時間~2時間やって、週 末は集中して一日8時間くらい勉強しました。暗記科目であるAudit、 RegのBusiness Lawの部分は往復通勤時間に繰り返して、iPodで聞きました。

4科目とも模擬試験を受けましたが、私の場合、本番試験は模擬試験より10点~20点アップしてました。模擬試験を通じて、自分の苦手ポイントが分かって、試験直前の作戦を立てるのに役に立ちました。実際、Regulationは模擬試験時は62点でしたが、business lawが弱いことが分かって集中して復習したところ、本番では89点と27点アップできました。

キャリア

合格後、仕事は変わっていないですが、目標を決めて頑張って実現するという一つの試練を乗り越えた意味で、自分自身により自信を持つことができました。これから、USCPAの知識と自分の語学能力(4ヶ国語)を活かして頑張って行きたいと思います。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

合格して、どの科目ともテキストを熟読するのが一番重要だと思いました。間違った問題や、初めて見る問題もテキストのどこかに必ずその論点あるいはヒントが書かれています。MCの繰り返しも重要ですが、特に試験直前はテキストの再 確認をお勧めします。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)