USCPA合格者 脇舛 光さん

脇舛 光さん

通信
国内
会計知識無

脇舛 光さん

モチベーション維持のコツはなりたいものを具体的にイメージすること 8ヶ月の学習期間で合格

  • 外資系企業 ファイナンス担当

CPAをめざしたきっかけ

USCPAの存在は大学時代から知っておりましたが、私には到底無理だと最初から諦め、当時は真剣に考えたことはありませんでした。しかしアメリカの大学院を卒業後、この不況の中で就職活動をする際に、実務未経験でも何かアピールできる資格、また自分のキャリアの方向性を明確にできる資格が必要だと感じるようになり、USCPAを目指し始めました。

留学で身に付けた語学力に会計の知識を加えて自分の付加価値を高めるためには、この資格は私にとって非常に魅力的でした。また、将来は海外で働きたいと思っている私は、国際的に認められているUSCPAを選ぶのは当然の選択でした。実際、私が過ごしたアメリカの大学でも多くの会計専攻の学生達はUSCPAを目指しており、一つの通るべき登竜門として幅広く認められていました。

アビタスを選んだ理由

ズバリ、テキストの構成と徹底した試験対策が整っているからです!合格後も、アビタスのテキストは私の会計のバイブルになっています。シンプルで余分なものは削られているからこそ、会計の知識がゼロだった私にとっては非常にわかりやすいです。

また、シミュレーション対策講座や模擬試験も、自分の弱点やレベルを知るためになくてはならないものでした。私はDVD講座で勉強しましたので、もしテキストが素人にとって理解困難なものであったら、恐らく勉強が続かなかったと思います。

実際、現在の仕事場でも多くの先輩から私のテキストを貸してほしいと言われます。外資系企業で働いておりますので、専門的な会計の言い回しが英語でできるよう求められる時は、必ずアビタスのテキストを参照させていただいております。

学習方法

私は通信講座(DVD)で全て受講しましたので、スケジュール設定には非常に気を使いました。仕事をもたずに勉強に 集中できる環境があった私は、短期合格を目指し、1日7時間以上の勉強を週5日続けるサイクルを約8ヶ月間続けました。MCカードは毎講義後必ず使い、その日学んだことを復習するのに非常に役立ちました。

私のテキストはマーカーやペンで非常に汚くなってしまいましたが、それだけ何度も何度も読み直しました。最後には“○ページの右側の下の部分には○○の内容が書かれている”と断言できるぐらいになりました。最初は見当もつかない内容であっても、何度も何度も読み直すことによって私でも少しずつわかるようになってきました。学習方法は個人それぞれ違うと思うのですが、やはり最終的に必要なのは“根性”だと思います。

キャリア

これから経理財務のフィールドでキャリアを積んでいきたいという真剣な気持ちを伝えるために、USCPA取得は最大の アピールポイントになったと思います。私は実務未経験であったので、就職では非常に不利であろうと思われましたが、 この資格は私の意思を裏付ける一つの証拠になりました。

まだファイナンスのスタッフとして働きはじめて間もないですが、USCPAで身に付けました会計の知識や会計英語がなければ、今の仕事にはついていけないと思います。またこの資格を取得したからこそ、周りからは“会計を全てわかっている人”とみなされ、非常にプレッシャーに思うこともあります。しかし、逆に資格をとったからこそ、身に付けた知識を忘れず、日々アップデートされる会計制度をキャッチアップしていこうという自覚も持つことができました。

これからCPAを目指す方へのアドバイス

USCPAの試験は、絶対にあきらめなければどなたでも合格できる、と私は思います。

その代わり、犠牲となる時間や費用は少なくはないと思います。USCPAを取得した後、自分が何になりたいのか?というイメージを具体的にもっているかどうかが、モチベーション維持には必須なのでしょう。私もそれが明確になった時は、苦しい中でも学習に前向きになりました。またこの資格は、短期で取得可能であるというのも魅力です。

私みたいに8ヶ月の学習でも合格できます。USCPAを目指そうとされておられる方、特に勉強に集中できる大学生の方々など、ぜひともチャレンジされることをお勧めします。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)