USCPA合格者 田中 守さん

田中 守さん

通信
国内
会計知識有

田中 守さん

アメリカ人の同僚の多くがUSCPAを有し、専門性を実務に活かして活躍している様子を目の当たりにし、触発されて資格取得を決意。

  • 外資系医療機器販売業ファイナンスマネジャー
  • 出願州:グアム州

USCPAをめざしたきっかけ

日系企業の米国現地法人子会社に駐在員として派遣され、経理部門で勤務していました。

アメリカ人の同僚の多くがUSCPAの資格を有し、専門性を実務に活かして活躍している様子を目の当たりにし、触発されて資格取得を決意しました。

アビタスを選んだ理由

米国大学との提携による単位取得制度の設置、教材の品質の高さ、通信教育環境、受講生用サポート用のWEBページの充実、受験手続き等コンサル体制が充実していることから、アビタスを選びました。

特に、専用WEBページのMC解説講義ビデオは何度も繰り返して閲覧し、非常に利用度が高かったです。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

会計・監査だけではなく、税金を含めた法律等幅広く勉強することによって、米国ビジネスの仕組みをよりよく理解することができました。

また、会計の中でも公会計・政府会計について学ぶ機会は日本ではなかなか無いため、非常に良い勉強となりました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

USCPAは一定の期限等の制約はあるものの、科目別受験、科目別合格方式が取られていますので 働きながら合格を目指せる試験です。

一通り基礎的な内容を勉強した後は、MC問題、特に良問を繰り返し解くこと、TBS対策講座を受講、こちらも良問を繰り返し解くことによって、試験レベルまで持って行くことが可能です。

自身に見合った長期の受験スケジュールを元に受験、出来なかった部分は必ず復習すると共に、通勤時等の目の前のスキマ時間、5分、10分を大切にして取り組めば、結果は自ずとついて来るのではないかと思います。

本試験の際には、最後の1秒まで諦めない気持ち、姿勢は非常に大事です。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)