USCPA合格者 吉村 康生さん

吉村 康生さん

通信
国内
会計知識無

吉村 康生さん

USCPA合格に必要なのはタイムマネジメントと自分にあった学習スタイル。

  • 転職活動中
  • 学習期間:2年5ヶ月
  • 出願州:グアム

USCPA 合格点数 ・ 合格時期 ・ 受験回数

  • FAR点数 85 / 2016年4・5月 / 2回
  • AUD点数 83 / 2016年4・5月 / 1回
  • BEC点数 82 / 2016年7・8月 / 2回
  • REG点数 75 / 2015年4・5月 / 2回

USCPAをめざしたきっかけ

前職に在職中に財務諸表に触れる機会があり、簿記に興味を持った事がきっかけ。簿記2級取得後、留学で培った英語力と合わせてUSCPAを取得する事で自身の強みになると考えてUSCPAを受験しました。

アビタスを選んだ理由

広告を通じて以前より知っていた事、USCPA専門のスクールとして始まっている事など。

大阪校はアクセスがよく自習室を活用しやすかった。またUSCPAの学習のサポートだけでなく、単位取得、転職活動、ライセンス取得までの一連の流れをサポートしてもらえる事は大きなメリットであると思います。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

会計、監査、ビジネス、税法の知識を幅広く英語で学べる事。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

USCPAを勉強するにあたり、合格してから振り返って思う事はタイムマネジメントの重要性です。

特に合格までの無理のない現実的なスケジューリングが大切だと思います。アビタスさんの教材はユニットごとに学習する事ができ通勤中や昼休み休憩などの短時間であっても勉強する事が可能となっており、自分に合わせたスケジューリング可能です。

私もそうでしたが、どうしても早く合格したいという思いが強いあまり、無謀なスケジュールを立ててしまうと、自分の立てた目標にたどり着けずに日々ストレスを感じる事となるので、仕事・家庭など自分の置かれている状況に正直になり、スケジュールを立てる事をおすすめします。

また勉強を進めていくなかで、いかに理解を深めていくかという事がとても大切だと思います。講義を聞く、教科書を読む、問題集を解く事は当然ですが、自分がこれまで関わりの無い分野では特に表面的な理解に留まってしまい、問題集は解けても本番のテストで違った角度から問題が出されると戸惑ってしまうという経験がありました。

そして不合格した時にいつも感じるのが教科書に書いてある事をしっかりと理解する事の大切さでした。理解を深める方法は人によって方法は様々だと思いますが、私の場合はアビタスさんの教材を中心に講義を聴き直す、ノートをまとめるの他、プラスアルファで問題集を購入してより多くの問題を解く事で理解を深める事ができたと思います。

要は教科書に書いてある事をしっかり理解できれば良いのですが、単に教科書を読んでも関心を持てなかったり、どこに注意を払えばよいのかわからないので、そのためにより多くの問題を解いて、どうして間違ったのかという疑問を自分のなかにたくさん作る事によって、教科書に書いてある事に興味をもって集中して読む事ができました。

また今自分はどこをよく理解していて、どこがよく分かっていないのかを理解する際に、受講生ページの学習進捗ページはとても有効でした。

USCPA合格という目標にむけて、自分にあったスケジュール&勉強法を確立し、それを実行する事ができれば、必ず合格できると思います。皆さんが1日も早く合格できる事をお祈りしています!

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)