USCPA合格者 松岡健之さん

松岡健之さん

通信
国内
会計知識有

松岡健之さん

USCPAと名刺にかける事は、自分自身への自信にもつながりました。

  • 経営コンサルタント
  • 学習期間:1年9ヶ月
  • 出願州:ワシントン州

USCPA 合格点数 ・ 合格時期 ・ 受験回数

  • FAR点数 84 / 2014年10・11月 / 1回
  • AUD点数 76 / 2015年11・12月 / 3回
  • BEC点数 84 / 2015年1・2月 / 1回
  • REG点数 76 / 2015年7・8月 / 2回

USCPAをめざしたきっかけ

●日本の会計士試験で短答式は合格したものの論文式で敗退、簿記一級は取得していたもののライセンスとしてあまり表に出るものではなく、会計知識の証明に弱い、とキャリアを積んでいく中で痛感していたこと

●英語力はTOEICで900点を超えていたので、会計知識と英語力でお前ならUSCPAは取れるはずだからとっておけ、と転職エージェントの社長から言ってもらえたこと

●当時転職した先がワークライフバランスが良く、勉強しやすい環境だったこと

等が挙げられます。MBAも考えましたが、年齢的にペイしないと感じ、USCPAは取っておこう、と考えました。

アビタスを選んだ理由

テキストが分かりやすく、テキストのデザインも良く、またウェブで講義は全て入手可能なため、自分のペースでやりたい、というスタンスの自分に合っていました。

単位修得から合格まで最初から最後までお付き合いいただける体制、自習室の完備、といった点もよかったです。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

日本の会計士試験でほとんどのことは知りえていたものの、USGAAPならでは、IFRSのこと等、会計面でもまだ知らないことは合った点を補足できたのはよかったです。

また、Taxを含むRegulation、公会計やUS仕込みのAuditは大変勉強になりました。日本の会計士試験より浅いものの、かなり広範囲に知識が得られる印象がありました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

資格として名刺に書ける資格を有していると、やはり自分により自信が持てるようになったと感じます。キャリアにもよりますが、転職にも有利に働くと思いますし、努力して取得する価値はある資格と思います。

REGやAUDは数度受験し、大変苦労しましたが、その過程で相当実用的な英語力も付いた気がしますし、引き出しも増えました。皆様口を揃えて言われるように、努力を継続すれば合格できますので、これから目指す方には是非くじけず初心を貫いていただけたら、と思います。頑張ってください。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)