USCPA合格者 岩永 龍法さん

岩永 龍法さん

通学
国内
会計知識無

岩永 龍法さん

仕事と両立し合格できた自信が最も大きな収穫 会計の強みをアピールでき、現在の業務でも大きなアドバンテージに!

  • 外資系ITベンダー

USCPAをめざしたきっかけ

働きながら、グローバルで通用する資格が欲しかった、とい うのがきっかけです。すでに結婚していましたし、MBAのために家族を連れて留学する程の時間や余裕がなかったのですが、やはりビジネスパーソンとしてグローバル社会で通用する資格はどうしても欲しいという思いがあり、一念発起して始めました。

アビタスを選んだ理由

会社の同僚も同時期に取得を目指しており、そこからアビタスの情報を入手しました。一度自分でも訪問して、担当の方から説明を受けました。取得までの目安や説明がわかりやすかったこと、勤務先が提携していてリーズナブルな料金で受講できること、勤務先から教室が近いなど、総合的に判断してアビタスに決めました。

学習方法

まずは計画をしっかり作り、それに沿ってしっかりと地道にやることです(当たり前すぎてアドバイスになりませんが…) 通学でしたので、きちんとペースを守れて学習できたと思います。平日は朝早くに出社して1時間強程度MCを解き、土曜日に通学+復習、日曜日は家庭サービス(笑)という習慣づけを行って、きちんとペースを守ることが大事だと思います。
また、試験直前の追い込みは非常に大事です!私は4科目全部受験しましたが、正直すべてを追い込むのは時間的に厳しく、結局2科目しか合格できませんでした。2回目の受験で4科目すべて合格しましたが、直前1か月の追い込みができるのは2科目までかな、という気がしています。

キャリア

基幹システムを扱う企業ですので、会計に強いということは大きなアドバンテージです。社内での業務にも幅広く携わることができ、特に企業内でIFRSに関連する業務ではUSCPAの知識も役に立っています。また、仕事で忙しい中合格したという自信みたいなものが、実は一番自分のキャリアにプラスになっているかなとも思っています。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

「資格としての価値」ではなく、グローバルビジネスパーソンの基礎として「英語で会計、ビジネスがわかる」というのは大きなアドバンテージになると確信しています(特に外資系で勤務されている方は)。合格までの道程は楽ではないですが、ぜひ勉強を楽しんで最後の合格の瞬間まで頑張って下さい。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)