USCPA合格者 野仲裕樹さん

野仲裕樹さん

通信
国内
会計知識有

野仲裕樹さん

USCPAは一見難関に見える試験ですが、内容は基礎的な知識を問うものばかりです!

  • 事業会社の経営企画
  • 出願州:グアム

USCPAをめざしたきっかけ

日本の会計関連の勉強は既にしており簿記などの資格は有していましたが、やはり今後、英文会計や国際会計などの基礎知識は最低限必要だろうと考えていたことや、今後の仕事において幅を広げていくための基礎と考え、受験してみることにしました。

アビタスを選んだ理由

アビタスを選んだのは、やはりUSCPA試験に特化していたから、ということと、既にアビタスで勉強して合格していた人を何名か知っていたからです。

アビタスで勉強して良かったのは、受験問題の論点ポイントを的確に絞っていることです。結果的にアビタスの教材を勉強するだけで合格できました。また、論点や問題について質問教室を開催していたり、web上で質問に対して解説してくれるシステムは非常に役に立ちました。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

 当然ながら英文会計、監査、税法など、会計に関する基礎知識が身に付きます。

特に監査については、監査人の仕事をしない限りなかなか業務の中身が見えないので、非常に勉強になりました。また、英語力は自然とですが、かなり向上します。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

USCPAは一見難関に見える試験ですが、内容は基礎的な知識を問うものばかりです。逆に言うと、このくらい知っていないと会計に関する仕事は出来ませんし、ビジネスにも必須の知識と言えます。難関試験に挑戦するという意識ではなく、このくらいの資格は取らないと、という意識で臨んだほうが良いと思います。

また、試験問題の難易度よりも、勉強時間が取れるかどうか、という点の難易度のほうが高い試験と感じました。

社会人の方は意識的に勉強時間を取る必要がありますが、勉強すれば必ず合格しますので粘り強く、また、学生の方は時間があるはずですから、早々に合格出来るチャンスだと思って一気に勉強して欲しいと思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)