USCPA合格者 吉田 千穂さん

吉田 千穂さん

通信
国内
会計知識無

吉田 千穂さん

「失敗しても気持ちを切り替え、諦めない。」USCPAは諦めなければ、必ず合格出来る試験だと思います。

  • 主婦
  • 学習期間:4年8ヶ月
  • 出願州:ワシントン州

USCPA 合格点数・受験時期・受験回数

  • FAR点数 75 / 2014年4・5月 / 4回
  • AUD点数 80 / 2014年10・11月 / 1回
  • BEC点数 75 / 2013年7・8月 / 1回
  • REG点数 80 / 2014年7・8月 / 2回

USCPAを目指した理由

第一子を出産後、今までの仕事では子育てと両立が難しいと感じ(前職は外資系広告代理店営業)、正社員からパートタイムまで幅広い形態で職がありそうな会計の分野で働いてみようと思いました。

会計の知識は全くゼロだったのですが、英語を使った職がよかったのでアビタスの英文会計入門を試しに始めてみました。

そのテキストが分かり易く、かつ勉強するのが面白く続けられそうに感じたので、少し多くの投資になりますが、USCPAのコースをやってみようという気持ちになりました。

アビタスを選んだ理由・メリット

まずテキストとDVD(現在はeラーニング)がよかったことです。

会計知識がゼロの私でもテキストがわかりやすく説明してあり、また試験に出そうなトピックがまとまっており、分量も洋書などに比べて途方も無い感じでなかったので、やり易かったです。

また、DVD(現在はeラーニング)での先生方の授業もとても分かり易かったです。

もう一つは入会後のサポートが充実していたことです。パソコンでの練習問題や、分からない箇所を質問すると先生がメールで説明して下さるシステムなど、在宅で勉強する私にとても合っていました。

USCPAの学習を通じて得た事、メリット等

世の中で起こっている経済ニュースがより身近なものに感じられるようになりました。将来大なり小なり自分でビジネスをしたいと思っているので、管理会計の勉強なども役に立つと思いました。

REGは、アメリカの税法なので日本人にとっては退屈な科目とも言われますが、私は楽しく勉強できました。確定申告での節税などに興味を持つきっかけになりました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス等

私は全教科合格まで約5年もかかり、かつ主婦で子育てをしながら勉強をしていたので、多くの仕事を持ちながら勉強をされている受験生の方とは環境が違うかと思いますが、私からアドバイスできるとしたら、精神論となってしまいますが、「失敗しても気持ちを切り替え、諦めない。」ということです。

私はUSCPAの肝の教科であるFARで3回も不合格し、ネット等で「数回不合格だったらセンスがないので、この資格は諦めたほうがよい」のような発言を見たりしてへこんでいましたが、結果的には合格できました。

USCPAの良いところは不合格でも何回でも試験に受けられるところです。(お金はかかってしまいますが)是非皆様も失敗しても1-2日はどっぷり落ち込んで、その後気持ちを切り替えてまた勉強を再会して頂きたいと思います。

またもう一つのアドバイスは、情報交換の大切さです。私は通信で一人で勉強をしており、何回もFARで不合格の時にも誰にもアドバイスを貰わず闇雲に色々なテキストを解いていて遠回りしてしまったと思います。

なんでこんなに問題を解いているのに合格しないのかと、歯がゆい思いをしました。行き詰まったらネットの情報だけでなく、是非周りの仲間や、アビタスの方々に相談して下さい。

そうすれば自分の弱点をカバーする方法や出題傾向のポイントを教えて下さると思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)