USCPA合格者 千葉 岳洋さん

千葉 岳洋さん

通信
国内
会計知識無

千葉 岳洋さん

複数の専門性を身に付けてスキルアップを目指す!! 合格後は経営コンサルタントへ転職

  • 日系シンクタンク・コンサルティングファーム

CPAをめざしたきっかけ

会計の専門知識を養い、国際的に認められた資格を取得してスキルアップしたかった。取得前まではグローバルSCM関連の企画の仕事をしており、この分野の専門知識は持っていた。

ただし、他人と差別化するには、一つの専門性にとらわ れずに、複数の専門性を有してスキルアップすることが重要と考えた。CPAは働きながらでも取得することが十分な資格 であり、国際的にも通用することに興味をもった。

スキルアップを果たしたのちは、将来的に経営管理や財務分析をする職 務に就きたいと思っていた。そのための基本的かつ包括的な知識を取得するに十分と思った。

アビタスを選んだ理由

・日本語で学習できる教材を備えていた点
・ 学習環境が充実していた点(DVD受講スタイルや学校内の 学習室など)
・受験渡航のアドバイスがしっかりしている点
・ CPAとしては最大手の学校であり、受講生同士のネットワー クを作って情報交換がより多くできる点
・ 三輪代表の挨拶に熱意があり、やる気を喚起してもらえた 点。

学習方法

アビタスの教材のみ利用してテキストとMCの反復練習によって基礎力を養った。アビタスの教材をもとに情報を整理 し、比較表/一覧表など作成して、受験本番前の総復習用の教材とした。特に、AUDは、レポートの種類が多く、内容の 整理し、おのおの比較して情報を把握することが重要であった。また、テキストは徹底的に読み込んだ。

テキストに掲載 されていることは細かい部分でも本番でも出題されるので、丁寧に読み込む事が重要です。 模試・シミュレーション講座の活用:模試は本番の雰囲気/緊張感を疑似体験するに非常に役立った。

シミュレーション講座もMCの反復練習だけではなかなか実践的な演習ができなかったので、解法のアプローチなど重要なポイントを効率 よく学習できた。

キャリア

経営管理やグループ経営の経営コンサルタントに転職をすることができました。財務諸表から企業の財務分析をする知識 を持っているという点が、転職の際に評価されました。CPAの学習中にはどうしても試験対策ばかりが中心となってしまうかと思いますが、興味のある企業の財務諸表等の内容は息抜きに確認するようにしたほうがよいかと思いました。

何社か見ているとそれぞれの企業の比較をできるようになりますし、CPAの知識が実際に財務諸表の内容を理解できるようになってくるとモチベーションの維持にもつながります。また、現在の職務の中でCPAの知識を特に活用できてるのは、連結会計と管理会計です。経営指標に使える管理会計を連結ベースで導き出すということに苦労されている企業がまだまだ多いと思います。

会計制度の変更に対して制度として会計対応する企業は多いですが、変更された会計制度・方針を経営に 使いこなせる企業は少なく、そのような企業を支援するときにこれら連結会計と管理会計の知識は役立ちます。また、今IFRSに注目が集まっているように、IFRS導入準備の支援にも携わっています。

これからCPAを目指す方へのアドバイス

働きながら学習される方の一番の課題は、モチベーションの維持であると思います。仕事が忙しくなると、どうしても学 習意欲が落ち、学習する習慣が離れてしまい、それがまた悪循環になるのだと思います。どんなに忙しくても少しの時間 でも学習は毎日継続することが重要であると思います。

また、月並みなことですが、試験本番では決してあきらめず執念で 問題を解く事が重要であると思います。試験時間は、長いです。また、(試験制度が変わるようですが)シミュレーション の問題はボリュームが大きいです。

不得手な箇所が出題されますと、かなり心が折れそうになりますが、それでも解けそ うなところだけで良いので解いていくことが重要だと思います。私自身そのような状況に陥りましたが、ぎりぎりのスコアで合格していました。

本当にあきらめずに執念で問題に取り組んだ賜物だと思っています。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)