USCPA合格者 匿名希望さん

匿名希望さん

通信
海外
会計知識有

匿名希望さん

USCPAは、英語に加え、組織の長に必須の知識が凝縮されています。

  • 1部上場電子部品メーカー 米国拠点長

■米国公認会計士を目指したきっかけは何ですか?

社会人になってからの希望であった米国駐在が念願叶って実現。これまでは営業畑一筋で活動してきたものの、海外駐在となると拠点管理業務(人事・総務・経理)もこなさねばならず、日々分からない事があれば誰かに聞く等、行き当たりばったりの対応をする日々が続きました。

そのような状況下、何か体系的にこれらの業務を学習し、物事の本質を理解した上で判断ができるようになりたいと考え、そういった資格を探していました。

また、今後のキャリアプランとして将来的に日本に戻った際に組織の長として組織を牽引する立場で仕事ができるように上を目指すという思いと、このまま米国に残って海外で生活をしたいという思いが交錯している状況でした。

色々と調べたところUSCPAには、会計のみならず、各種法律やIT、経済学、監査等、幅広く会社の仕組みや、戦略・戦術を考える上でのベースを学ぶ事ができると知り、現在の自信の武器である英語に加え、将来的に組織の長を目指すのにも必須の知識が凝縮されている事、また、米国で仮に永住に踏み切ろうと考えた場合、周りでもUSCPAを取得した事が大いに役にたったという人が多く、現在の業務からライセンスも取得できるとカウンセリングの際に確認がとれましたので、取得を目指しました。

■アビタスを選んだ理由は何ですか?

当方、米国に居住しているという関係から各予備校を訪問し判断するという手法がとれず、WEBでの検索から予備校をピックアップするより他ありませんでした。 正直な話、御社を含め3社に資料請求の依頼を出しました。

1社は音沙汰なし、1社は資料が1ヵ月後に届いただけでした。アビタスのみ迅速に資料をお送り頂き、丁寧なメールでのフォローアップ及び質疑応答、また電話を通してのカウンセリング等をして戴き、こちらが疑問に思っていた事をクリアーにして頂けたので、迷わず御社に決めました。

■USCPAを目指す方へのアドバイス

今でも発注後に届いた教材の多さを初めて見た時の衝撃を鮮明に覚えています。本当に仕事と平行してこれを全て頭に入れ、全教科パスする事が出来るのか非常に不安になりました。また、各教科勉強していく中でも分からない部分が頻出し、投げ出したくなる事も何度もありました。

しかしながら、最初の1教科をパスできた事で大きな自信につながり、「やってやれない事はない」と思えるようになり、「継続は力なり」を信じ、合格後のイメージや自分の将来像を膨らます事でモチベーションを高め何とか全ての教科をパスする事が出来ました。

USCPA取得を目指す方々は各々別個の目的があると思いますが、それを明確にし、取得後の姿を強くイメージする事でモチベーションをキープする事が出来ると思います。

試験自体は、確かに難しい問題も出ますが、それら全てに回答できる必要はなく、基礎をしっかりと固め、各論点をどの角度から聞かれても答えられるように繰り返し学習し、諦めなければ必ず合格できると思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)