USCPA合格者 K.Tさん

K.Tさん

通学
国内
会計知識有

K.Tさん

海外で生き生きと働く日本人のUSCPAに出会ったことがきっかけ 苦しんで学習した以上のリターンはあります!

  • 監査法人

CPAをめざしたきっかけ

USCPAという資格があれば、どの国でも働けると思ったからです。
海外(アメリカ以外の国)に行ったとき、たまたま日本人のUSCPAの方にお会いして、USCPAの資格のおかげで永住権を獲得し、生き生きと働いている姿を見て、自分も日本 以外のどこでも働けるようになりたいと考えました。

アビタスを選んだ理由

USCPAの講座を開講している学校はいくつかありますが、日本の公認会計士や税理士など色々な講座の中の1つという感じでしたので、USCPA専門で実績のあるアビタスが良いと感じました。
テキストも、MCカードも使いやすそうで、きちんと網羅されていて、これだけやれば大丈夫だという安心感が得られましたので、迷わずアビタスに決めました。

学習方法

毎日短くても良いので勉強し、勉強しなかった日は作りませんでした。
忘れないように、濃度は違うとはいえ、全範囲を毎日復習していました。
方法としては、今日はMCカードの1のつく問題だけやる、明日は2のつく問題だけやる…と全部の範囲の問題を解くようにします。10日で一回転できますし、簡単に全範囲カバーできるのでおすすめです。

キャリア

現在は、大手監査法人に勤務しています。外資系金融機関の監査を担当していますが、英語で書かれた書類を読んだり、 英語で監査調書を作成したり、海外事務所にレポーティングをしたり、と会計・監査用語が英語で理解できるというメリッ トを最大限に活かせていると思います。
また、アビタスの授業でたたきこまれたAuditの考え方は、実務でも役に立っています。
細かい知識は日本の公認会計士試験合格者には勝てませんが、仕事をする上での大枠の方向性は、学んだ知識から導き出せています。

これからCPAを目指す方へのアドバイス

勉強している間は、一生終わりが来ないような気がしますが、一科目ずつで良いのでこつこつ勉強して合格すれば、必ず終わりが来ます。
1年くらい頑張れば、その後の人生は広がります。頑張っても頑張らなくても1年はあっというまに過ぎます。だったら、頑張った1年を作っても良いと思います。苦しんで勉強した以上のリターンはありますので、ぜひ頑張ってください。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)