USCPA合格者 Iさん

Iさん

通学
国内
会計知識無

Iさん

女性のキャリアを考えると、他の会社に転職しても通用するようなものがほしいと思いUSCPAを目指しました。

  • 機械メーカー 経理部

USCPAをめざしたきっかけ

営業をしていたのですが、営業は女性のキャリアを考えるとずっと続けれないと思っていました。手に職をつけ、他の会社に転職しても通用するようなものがほしいと思っていました。

ちょうどそのころ、私の直属の上司が会社を辞めました。彼は、会社を辞める前ずっと皆に内緒でMBAのための勉強をしており、とうとうイギリスの学校に受かったことで去っていきました。

私はそのことにとても衝撃を受け、仕事をしながら勉強をすることができるのだと思い、自分も何かずっと使える資格をとろうと思いました。 そこで英語が好きだったこと、会計にも少し興味があったことで、USCPAの勉強をすることにしました。

アビタスを選んだ理由

私は横浜在住なので、横浜にスクールがあるところを選ぼうと最初は思っていました。

しかし、一通り学校見学をしてみて、アビタスの建物が一番奇麗だったこと、テキストが日本語でわかりやすかったこと、テキストの表紙の色が鮮やかだったこと、合格後のキャリアもキャリアセンターで合格後のキャリアも相談できるという理由でアビタスを選びました。

実際に、アビタスにしてとてもよかったです。たくさんの友達ができ、刺激を受けることができました。アビタスでできた友達がいないと、合格できなかったと思います。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

アビタスに入った最初の一年半くらいは授業を受けるだけでした。仕事が忙しいし、飲み会にも行きたいし、授業以外は真面目に勉強していませんでした。

特にFAREの内容が、会計の知識がない私には非常に理解ができなく、とても受かる自信がなかったです。最初にメイン州で登録していたのですが、途中で日本受験制度になり、出願州を日本受験可能なアラスカに変更をしました。その変更で半年くらい試験が受けれなく、試験に向かう気持ちも更になくなっていきました。

FAREを最初に受けようと思っていたのですが、やる気がでないので、 FAREと同じボリュームがあり、女性は比較的合格しやすいという噂があったAUDITを最初に合格させようと思い、それを一本で勉強しました。三回目でやっと合格しました。

一科目合格後は、心が非常に変化していました。それまでは、USCPAのことを軽くにしか考えていなかったのですが、AUDITは絶対一生受けたくないという気持ちが強く、私の気持ちがUSCPAモードになっていました。飲み会の誘いも常に断わるようになっていました。一年半の期限がきれることが恐ろしくて、必死で勉強して一年で全科目合格しました。

学校に入ったままで、私のようになかなか勉強を頑張れない人は、自分が得意でボリュームがある1科目を、まずは合格させると良いかと思います。ボリュームがある1科目受かると大分気持ちが変わります。その後は早いです。2科目、3科目合格していくうちに、段々要領がつかめていくし、モチベーションが非常に高くなっていていきます。

手づかずだった最後のREGは、残業が多くあるなか、3か月で受かりました。勉強時間は関係なくやる気があるとないとでは、合格のスピードが大きく変わります。とにかく、早く試験モードに入ることが一番です。

特に年頃の女性の方は、睡眠時間が削られて肌や身体のことが気になったり、出会いの機会もなくなったり、気持ちが辛くなっていくと思います。辛い状況を脱却するように、早めの合格をするようにしてください。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)