USCPA合格者 井川 勉さん

井川 勉さん

通学
国内
会計知識有

井川 勉さん

配属希望を叶えるために、USCPA取得を目指しました。

  • 大手金融機関 財務担当

USCPAをめざしたきっかけ

元々営業部門にいたのですが、財務関連業務に興味を持ち証券アナリストを取得しました。

証券アナリスト資格は、業界では「持っていてあたりまえ」というイメージなので、配属希望を叶える為に、「希少価値」があり、「英語」もアピールできる財務・会計の資格、「米国公認会計士」を選びました。

アビタスを選んだ理由

Abitusは「米国公認会計士」を専門としており、この資格試験を受験するにあたって、サポート体制等が充実していると感じたこと。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

働きながら取得できる資格の中では、一番よいと思います。

会社を辞めて日本の公認会計士受験や、ロースクールに入りなおすというのは、キャリアにとっても相当なリスクなので。

英語・会計・財務を幅広く学習でき、重宝される資格になると思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)