USCPA合格者 石丸清三さん

石丸清三さん

通信
国内
会計知識有

石丸清三さん

昔諦めた夢にチャレンジ!USCPAは勉強時間を確保しさえすれば必ず合格できる試験だと思います。

  • 大手情報通信メーカー 経理

USCPAをめざしたきっかけ

事業会社に入社した際、最初の配属が財務部門でしたが、入社当時、自分の武器を作りたいとUSCPAの受験を考えましたが、(もう20年も前です)当時は海外での受験であり、時間の制約からとてもできないと諦めました。

その後、ずっと財務経理畑を歩んで、海外駐在も経験したにもかかわらず、会計知識をキチンと学んだことがない自分に実力不足を感じていました。

最近USCPAが日本受験が可能になる話を聞いたため、昔諦めた夢にチャレンジしてみようと考えたのがきっかけです。

今後のことですが、実は、USCPAの前にアビタス殿でIFRS検定も受験しています。両方合格することで、社内の評価を上げ、今後導入されるIFRSベースの開示で活躍したいと考えています。

アビタスを選んだ理由

他の学校も日本語のテキストを出していますが、アビタスはコンパクトにまとまっており、勉強し易そうだと思ったのが、最大の理由です。尚、会社がアビタス殿のIFRS検定を経理の一般従業員にすすめていたのも、アビタス殿を最初に考えた理由です。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

色々な方が合格体験記に書いていますが、勉強時間を確保しさえすれば必ず合格できる試験だと思います。

私の場合、日本受験で1科目ずつ受験して2年半かかりましたが、勉強時間のスケジュールを3ケ月ごとに立てて、毎日進捗を時間で管理していました。

テキストやMCに関して質問することはとても重要です。アビタスのテキストは極めて効率的に書かれていますが、ところどころですが、前後の省略によって、テキストを読んだだけの人には理解できないところがあります。私の場合、テキストの前後にかかれている内容、MCの答えに矛盾があるように思えるところを遠慮なく質問していくことで、自分の解釈の誤りに気づいたり、テキストの前後のつながりがわかるようになりました。

カウンセリングですが、次の科目の勉強前にかならず相談にうかがって、出やすい分野、勉強のやり方を教えていただきました。とにかく情報をたくさん集めて、自分の合格が有利になるよう、賢く立ち回られることをおすすめします。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)