USCPA合格者 Tom O.さん

Tom O.さん

通信
海外
会計知識無

Tom O.さん

会計の専門家でもない私でも、あきらめずに根気強く取り組めば必ず成果が出るチャレンジだと思います。

  • 大手電機メーカー 国際渉外担当

USCPAをめざしたきっかけ

米国に駐在する機会があり、財務諸表を含む米国ビジネスの概要を学びたいと思っていました。 大学の専攻も商学部で、会計についてはきちんと学びたい、との思いが以前からあり、USCPAにはいつも関心がありました。

米国在住中は子供が生まれるなど、勉強する機会を逸し、結局日本に帰国後、一からアビタスでUSCPAの学習を始めました。

すぐに中国への駐在となり、結局、しっかりとUSCPAの勉強を開始したのは、中国から帰任してからになりましたが、帰任後、グローバルでの新規事業開発に携わる事になり、ビジネス英語の一層の向上が必要になったことも、USCPAへのチャレンジを再開する動機付けとなりました。

アビタスを選んだ理由

いくつかのUSCPAの学校(都内)を比べましたが、

  • 徹底した効果的・効率的な学習を目指すTEXTとMC問題集
  • 銀座校(当時)と新宿校で、自身の都合に合わせた授業選択・参加ができること
  • 受験に関する情報を丁寧に教示してくれること

などにおいて、他校との違いを感じ、アビタスにお世話になることに決めました。

実際入校してみると、上記について自身の選択が正しかった事を実感するのみならず、新宿校、銀座校のスタッフの皆様の親身なサポートなどもあり、粘り強くあきらめずにゴールまでたどりつけたことに、改めて感謝しているところです。

学習方法、受験の感想

基本的にアビタスのTEXTを授業に合わせ学習し、その後MCとTBS(Simulations)を何度も繰り返し解きました。

受験回数が増え、MCを覚えてしまい緊張感が無くなったので苦手な(Scoreが悪い)分野についてはWileyで補強しました。 (しかしながら、実質的にはアビタスのTEXTとMC等の問題集で必要十分だと思います。)

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

受験される方それぞれの事情により、一年位で全科目合格する方もいるでしょうが、会計の専門家でもない私でも、あきらめずに根気強く取り組めば必ず成果が出るチャレンジだと思います。

社会人且つ年相応の中堅ともなれば、予定通りに学習を進めることができなくなることはもちろん、予定していた受験自体ができなくなることもあります。

思い通りにならず、すぐに成果(=合格)がでなくとも、自分自身の可能性を信じて粘り強く取り組めばきっと目標(USCPA合格)に到達できると思います。

また、目標を成し遂げることができた達成感は、今後自分を支える励みにもなる財産だと思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)