USCPA合格者 K.Uさん

K.Uさん

通信
海外
会計知識無

K.Uさん

英語を使用できることは、他人と差別化する特別な要因にはならないので、自分の付加価値を高めるためUSCPAを目指しました。

  • 専門商社 営業

USCPAをめざしたきっかけ

グローバルに働きたいと考え、大学卒業後海外の専門商社にて就職することにしました。
元々海外には長年在住していたため、英語に関しては問題がありませんでした。

海外で仕事をしてみて気づいたのが、英語を使用できることはそれほど特別なことではなく、他人と差別化する要因にはならないということでした。

自分の付加価値を高めるため、グローバルかつ専門的に知識を身につけたいと考えたときに、USCPAの勉強をすることがよいと考えUSCPAを目指しました。

アビタスを選んだ理由

一番の決め手となったのが、アビタスのビジネスモデルでした。
他社とは違い自社の強みのある分野にのみ特化しているため、USCPA合格のためのノウハウを他社よりも持っていると感じました。

またキャリアセンターやライセンス取得サポート等USCPA試験合格後のサポート体制も整っており、USCPA試験合格後、取得した資格を一番生かせる環境だと思いアビタスを選びました。

また海外に住んでいるため、通学ではなく、通信での勉強でしたが、過去の合格者の方に通信で勉強されている方が多かったのも決め手のひとつでした。

学習方法、受験の感想

始めは講義を聴きそれに対応するMC&TBSを解いていくというサイクルで勉強を進めていきました。講義を全て聴き終えた後は、Wiley のMC及びTBSを解いていき、その後は時間が許す限り、下記のサイクルを繰り返しました。

アビタス教科書 --> アビタス MC & TBS --> Wiley Exam Review -->
Wiley MC & TBS --> アビタス教科書

実際に試験を受けてみた感想として、教材はアビタスの教科書だけで十分だと感じました。
アビタスのMC&TBSをしっかりと理解した上で、回答することができれば、問題なく合格できる試験だと思います。

Wiley CPA Review もメイン教材のひとつとして活用していたのですが、正直Wiley CPA Review は細かいところまで突っ込みすぎていて、実際に試験には出題されない論点が多々ありました。
それらを勉強する事は決して無駄ではないのですが、試験合格という観点から見ると必要無いものが多く、Wileyの教科書はそれほど効率がよいものではありませんでした。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

USCPAを目指している方は皆目標がしっかりとあり、なんのために資格を取得するかの目的意識もはっきりしていると思います。
地道に勉強すれば必ず受かる試験ですので、勉強を開始した目的、目標をモチベーションに学習を進め、絶対にあきらめないことが大事だと思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)