USCPA合格者 松原 利明さん

松原 利明さん

通信
国内
会計知識有

松原 利明さん

経理分野で今後国際マーケットで活躍するためのベースとなる資格、それがUSCPAです!
相互承認制度を利用してオーストラリアのCAも取得!

  • ドイツ系化学・消費財メーカー オーストラリアグループ会社 財務部部長
  • 学習期間:2年3ヶ月
  • 出願州:メイン州 → ワシントン州

USCPA 合格点数 ・ 合格時期 ・ 受験回数

  • FAR点数 81 / 2013年以前 / 1回
  • AUD点数 78 / 2013年以前 / 3回
  • BEC点数 76 / 2013年以前 / 1回
  • REG点数 76 / 2013年以前 / 1回

USCPAを目指した理由

もともと外国語大学で英語を勉強していて、卒業後、海外営業として1社目の会社に入社しましたが、その後のキャリアを考え、英語を使った資格を探していてUSCPAの存在を知りました。

簿記や経理の経験は全くありませんでしたが、アビタス(当時のUS Education Network)の説明会や英文会計入門講座で三輪先生のわかりやすい講義を見て、これなら勉強できると思い、USCPAを目指すことにしました。

最初に勉強を開始した後、幸運にも経理部へ異動することができましたが、当時は年に2回しか試験が開催されていない事や仕事と勉強の両立が難しかったこと等もあり、一度勉強をあきらめてしまいました。

その間、経理での実務経験を積み、日本の簿記の資格も取得、また外資系企業への転職を経験し、約12年後に今後のキャリアを考え、再度勉強を開始して2年間の勉強の後合格し、ライセンスも取得することができました。

アビタスを選んだ理由・メリット

当時、関西でUSCPAの学校はアビタス(当時のUS Education Network)ともう1校ありましたが、なにより三輪先生の講義のわかりやすさが決めてでした。

私の場合は、メイン州で合格後にスコアトランスファーでワシントン州でライセンス取得していますが、ライセンス取得サポートもアビタスで非常に安い価格で行われていますので、その点も他校にはない決めてになるかと思います。

またライセンス取得後の継続教育に関する情報も常にアップデートされており、非常に助かっています。

USCPAの学習を通じて得た事

自身の変化としては、USCPAの学習で勉強癖がついた事が一番大きな変化かも知れません。

学習中は合格することだけを目標に毎朝早朝に起きて勉強する日々を過ごしていましたが、合格した後にこの習慣をやめてしまうのはもったいないと感じ、合格後も早朝に起きて自分の将来のプラスになるようなことに対して時間を使うようになりました。

キャリア面では、私の場合、経理実務経験は順調に積むことができていましたが、将来のことを考え、経理分野でのCPAという資格はマーケットでは強みになるという判断から再度目指すことにしたという経緯があり、特に海外のマーケットではこの傾向は強いと感じています。

2年前の2015年にオーストラリアへ移住し、現在は現地企業で勤務していますが、経理部門のほとんどの人が会計士の資格を保持しています。

オーストラリアにはCPAとCA(Chartered Accountant)の二つの資格があり、オーストラリアのCAはAICPAとの相互承認制度により、USCPAを有効な資格として認めているため、USCPAのライセンスホルダーに限り、CAが指定している大学でオーストラリアの税法と会社法のコースを終了すればCAを取得することができます。

私もこの制度を利用してオーストラリアのCAの資格も取得することができました。

オーストラリアのCAは通常、日本に居ながらにしての取得は非常に難しいですが、USCPAのライセンスを取得した上で、相互承認制度を利用して取得するという方法は、日本人にとってはベストな方法ではないかと思います。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

学習する上で大切なことは、繰り返し問題を解き、正解率を上げることだけでなく、正解以外の回答がなぜ正しくないかという点にも注目することだと思います。

また、全科目を合格するまでは合格科目スコアの有効期限との戦いになる可能性もありますので、試験が開催されない日程や試験会場の空席状況も考慮にいれ、できるだけ細かい学習スケジュールを立てることも重要になってくると思います。

プランニングをする際にもう一つ注意が必要なのは、計画をタイトにしすぎない、ということです。

私の場合、余裕のある日程を組むことで常にスケジュールより前倒しに学習できているという心の余裕も生まれましたし、勉強が行き詰まり休憩が必要なときは、勉強から一旦離れてリフレッシュする時間も作ることができました。

自分のライフスタイルとのバランスを崩しすぎない程度に頑張るというのが一番良いような気がします。

USCPAは、経理の分野で今後国際マーケットで活躍していく方のためのベースとなる資格だと思います。

特に仕事をしながらの勉強は苦労することが非常に多いですが、全科目合格できた時の達成感や自信は何物にも変えがたいものがあります。

勉強に必要な数年は人生でみれば一瞬ですので、その期間頑張って今後のキャリアアップをぜひ目指していただきたいと思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)