USCPA合格者 松原 利明さん

松原 利明さん

通信
国内
会計知識有

松原 利明さん

経理分野で今後国際マーケットで活躍するためのベースとなる資格、それがUSCPAです!

  • ドイツ系化学・消費財メーカー 財務部部長

USCPAをめざしたきっかけ

もともと外国語大学で英語を勉強していて、卒業後、海外営業として1社目の会社に入社しましたが、今後のキャリアを考え、英語を使った資格を探していてUSCPAの存在を知りました。

簿記や経理の経験は全くありませんでしたが、アビタス(当時のUS Education Network)の説明会や英文会計入門講座で三輪先生のわかりやすい講義を見て、これなら勉強できると思い、USCPAを目指すことにしました。

私の場合は、最初に勉強を開始した後に、幸運にも経理部へ異動することができましたが、当時は年に2回しか試験が開催されていない事や仕事と勉強の両立が難しかったこと等もあり、一度勉強をあきらめてしまいました。その間、経理での実務経験を積み、日本の簿記の資格も取得、また外資系企業への転職を経験し、約12年後に今後のキャリアを考え、再度勉強を開始して2年間の勉強の後合格することができました。

アビタスを選んだ理由

当時、関西でUSCPAの学校はアビタス(当時のUS Education Network)ともう1校ありましたが、なにより三輪先生の講義のわかりやすさが決めてでした。

現在はライセンス取得サポートもアビタスで非常に安い価格で行われていますので、その点も他校にはない決めてになるかと思います。 (現在メイン州からスコアのトランスファーでワシントン州のライセンス取得手続を進めています)

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

USCPAは、経理の分野で今後国際マーケットで活躍していく方のためのベースとなる資格だと思います。

特に仕事をしながらの勉強は苦労することが非常に多いですが、全科目合格できた時の達成感や自信は何物にも変えがたいものがあります。 勉強に必要な数年は人生でみれば一瞬ですので、その期間頑張って今後のキャリアアップをぜひ目指していただきたいと思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)