USCPA合格者 太田 輝一郎さん

太田 輝一郎さん

通信
国内
会計知識無

太田 輝一郎さん

日本語テキストのわかりやすさが決め手! 学習後は、重要項目が日本語と英語の両方で頭に浮かぶようになります。

  • 不動産系企業 経理担当

USCPAをめざしたきっかけ

大学院時代に国際会計基準や国際監査基準の授業を受け、これらがいずれ世界のスタンダードになると確信したからです。

国際基準や、その国際基準とのコンバージェンスが進む米国基準の体系は、骨子がはっきりしており、 公官民問わず適用できる合理性と汎用性の高いものです。

USCPAの資格を持つことは、こうした国際基準を理解していると同時に、 ビジネスパーソンとして必要な高い会計専門力と国際力を有している証明になると考えました。

アビタスを選んだ理由

アビタスの日本語テキストのわかりやすさが決め手になりました。

USCPAに関する洋書は数多くありますが、たとえ英語に自信があるとしても外国語で書かれた専門書を細部まで読み込むことは大変なことです。やはりUSCPA試験に短期間で合格することを考えた場合、慣れ親しんだ日本語のテキストで重要項目を効率よく理解することが大切であると考えました。

実際アビタスのテキストを用いた勉強を終えてみると、重要項目が日本語と英語の両方で頭に浮かぶようになるので、英語の試験であるからといって洋書に固執する必要はないと思います。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

USCPAの試験では会計分野のみならず、経営、経済、IT、そして米国のビジネス法や税法など幅広い知識が問われます。

幅広い分野から問われるときくと勉強面では大変だというイメージがあるかもしれませんが、合格すれば逆にそれだけの知識を持っている、という証になります。ぜひあきらめず、計画的な勉強を続けて欲しいと思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)