USCPA合格者 匿名希望さん

匿名希望さん

通学
国内
会計知識無

匿名希望さん

迷った時はプロである学習法カウンセラーに相談する事がベストです。

  • マスコミ関係

USCPAをめざしたきっかけ

ビジネススクール卒業後、周囲から期待される経理知識が充分でなかった事から、中途半端な知識で終わらせず、せっかくの経験を生かす為にUSCPA取得を目標に知識を深める事を考えました。

また、海外赴任を希望していた為、特に中小拠点に赴任をした時にUSCPAの知識やライセンスは必ず役に立つと考えたからです。

アビタスを選んだ理由

テキストが日本語である事。 欠席の時の補講システムがきちんとしている事。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

私が合格したのは、学習法カウンセラーの方、アビタスの講義・教材、職員の方々のサポートのおかげです。

授業を一通り終了してからも全く合格レベルの実感が湧かず、どうすればよいのかもわからず勉強せずに過ごしていました。 このままではいけないと、一念発起し学習法カウンセラーの方にご相談すると、まずは1科目(FAR)に集中する事と、合格に必要な1週間の勉強時間・メニューを具体的にアドバイスして下さいました。すると結果、合格。次のタームでBECも合格しました。

しかしながら必要な勉強量が分かったつもりになり、また仕事の都合もありその後1タームをパスしてしまいました。そんな気持で受験したAUDは合格レベルに達せず、次のタームでREGも不合格。その後、2科目再受験しましたが不合格。AUDは試験時間を1時間以上残し、自分でも感触をつかんでいたのでショックを受けました。合格体験記で、特にAUDは理解する事、テキストに帰る事が重要という事は分かっていたつもりでしたので、いったい何が原因が分からなくなってしまいました。

不合格通知の時、Expireまで1カ月を切っていたのですが、カウンセラーの方にアドバイスを仰ぐと落ち着いて、

・テキストを2週間かけて読む。1日2回同じ箇所を繰り返す。読んだ後、頭の中で反復する。

・MCを1日2回同じ箇所を繰り返す。

・論点カードができるまでやり込む。

・REG1は最後の1週間まで手をつけない。

というアドバイスを頂き、出来るだけ忠実に実行しました。振り返ると2科目合格してから、いただいたアドバイスに勝手なアレンジを加えていた事がありました。まずはアドバイスとおりやろうと決意し、そのおかげで2科目合格する事が出来ました。

学習法カウンセラーの方のアドバイスは、MC、TBSをひたすら早く、回数をこなす事に執着していた私に記憶の整理を促したものだと思っています。しかしながら、上記アドバイスはカウンセラーの方が私の状況を見てされたものなので万人に当てはまるものではありません。この書き込みを見て、例えばREG1は軽くやれば良い。と誤解しないで下さい。

いろいろな合格体験記、アドバイスがあると思いますがあくまでその方にとって適した方法であるので、迷った時はプロであるカウンセラーに相談する事がベストだと思います。

また、日本受験への移行期であり手続きや受験科目の相談において職員の方々には本当に親身になっていただき、アビタスにしてよかったと思いました。気持の上でも支えていただきました。ありがとうございました。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)