USCPA合格者 masakoさん

masakoさん

通信
国内
会計知識無

masakoさん

「腹をくくって受験勉強に取り組むこと」と「受験後のビジョンをもつこと」の2点が大事。

  • 外資系ビジネスコンサルタント

USCPAをめざしたきっかけ

異業種への転職を考え、そのためには資格があったほうが有利と判断したため。

IT企業に勤めていましたが、IT以外の業務に携わっていきたいと感じていました。そうは言っても、IT以外のスキルはなく、このまま転職活動をしても異業種への転職は難しいのではないかと思っていました。

そこで資格を取得すれば、経験がなくてもある程度のスキルが証明できるかなと考えいろいろ調べてみました。具体的には日本の公認会計士や税理士なども思い浮かべましたが、事業体で働きたかったのでUSCPAが一番妥当かなと思いました。

USCPAは会計、英語、ITの知識がある証明になり、汎用性が高いと考えたためです。また外資系企業に行きたいと思っていたので、その点でも有利に働くと判断し、取得を目指しました。

アビタスを選んだ理由

USCPA受験に特化していると感じたため。

他にも専門学校はありますが、USCPAの専門学校というよりも資格の専門学校という印象がありました。 特化しているほうが、深いノウハウが蓄積されているかなと思い、アビタスを選択しました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

腹をくくって受験勉強に取り組むことと、受験後のビジョンをもつことの2点が大事だと思います。

受験勉強は自分との闘いなので、誰も叱ってくれないし誰も褒めてくれません。納期もないし、落ちても誰にも迷惑はかからないかもしれません。更に年間の受験可能回数が多いので、つい次の試験に受かればいいかと考えてしまいがちです。ですから、自分でどの科目はいつまでに合格すると決めてそれに向かって取り組むと効率的にできるのではないでしょうか。「忙しい」と言い訳するくらいなら会社を辞めるか、試験取得をあきらめるか、くらいの気持ちで取り組んでもいいかもしれません。

資格取得後のビジョンとしては、資格を知識習得と捉えている場合でない限り、ある程度きっちりと持っていたほうがいいと思います。具体的には転職が目標なら、USCPA以外にも必要なことで今できることはないか考える必要があります。私は外資系企業に行きたかったので、TOEICを800以上にすることも目標にしてUSCPA受験1ヶ月前に達成しました。USCPA勉強時はどうしても、資格取得が目標になってしまい、それは仕方がないことですが、資格取得はあくまで手段なのでほかの手段も考えても無駄ではないと思いますよ。

ぜひ頑張ってください。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)