USCPA合格者 M.Iさん

M.Iさん

通信
国内
会計知識無

M.Iさん

技術職であっても、投資と利益回収の検討が必要なため、財務会計の知識が必要でした。

  • 大手電機会社 技術開発部門

USCPAをめざしたきっかけ

技術開発業務においても、投資(開発費、新規設備)と利益回収の検討が必要となるため、財務会計の知識が必要となります。

企画担当の方に伺ったり、本を読んだりして、必要な知識を習得してきましたが、体系的に全体を理解できておらずストレスに感じることが多くなりました。USCPAを取得することで、理解を深められると考えたのがきっかけです。

また、目標がないと学習が続かない性格であることから、資格取得を学習のモチベーションにしようと考えました。今では、定年退職後に、技術知識と財務会計知識を生かして、コンサルティング業務をしてみたいと考えております。

アビタスを選んだ理由

正直なところ、最後まで他校と、どちらにするか悩みました。

あくまで私の主観ですが、合格率と教材は互角で、その他は、両社一長一短でした。費用は他校よりは高いものの、差が許容範囲だったため、アビタス様に決めました。

    <アビタス>
  • 対応が社会人でも気持ちよく利用できると感じた。
  • 学習中のサポートが充実していると感じた。
  • 費用が他校より高い。
    <他校>
  • 費用がアビタスより安い
  • 対応は悪くないが、学生を対象としているのと同じで違和感があった。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

仕事が忙しく平日に学習時間を確保できない方は、1科目づつ受験することをお勧めします。私も1回目は、BEC/FARの2教科を受験しましたが、学習不足のまま受験日になってしまい、FARは不合格となりました。1科目づつの方が、学習計画を立てやすく、繰り返し学習のインターバルも短くなるのでお勧めです。

学習時間は、平均すると約13時間/週で、19ヶ月かかったので、一般的に言われる合格まで1000時間は間違っていないと思われます。

MCとTBS問題集の繰り返し学習を基本としましたが、これらの解説の理解だけは理解が不足するところがありますので、疑問をもったところはテキストを読み込むと効率的な学習ができると思います。また、正解した問題でも、それで終わりでなく、関連する事項をテキストで確認することをお勧めします。

受験時のことですが、MCは想定の範囲内の出題が多いと感じましたが、TBSは見たこともない問題が何回かでました。それがまったく回答できなかったので不合格かと思っていたら、合格していることもあったので、他の人の回答率も低かったのでしょう。見たことがない問題が出ると焦りがちですが、前記の事例を思い出して、時間をかけすぎずに、次の問題に進むことをお勧めします。

試験会場(グアム)の温度についてですが、私は長袖シャツ一枚でちょうど良い温度でした。待合室と試験室は、ほぼ同じ温度なので、待合室に早めに到着して着るものを調整すると快適に試験にのぞめると思います。

グアムのホテルについてですが、ロイヤルオーキッドホテルは2回宿泊しましたが室内がカビ臭いため快適とはいえませんでした。フィエスタリゾートの山側(駐車場側)は、ナイトクラブがあるため土曜日の夜は一晩中うるさいので受験生にはお勧めしません。マリオットホテルは、静かで気持ちよく滞在できました。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)