USCPA合格者 佐藤 仁哉さん

佐藤 仁哉さん

通信
国内
会計知識有

佐藤 仁哉さん

忙しい中でも時間を作り、アビタスの教材を受けていけば、必ず合格する線路に乗っていると考えて間違いありません。

  • 商社 アセットマネジメント

USCPAをめざしたきっかけ

そもそもは、商社のインフラ部門に就職し、特に買収に携わることになったため経理部に社内出向して買収会計を中心に経理を学びました。その中で、2年間という社内出向期間に学んだ経験・知識を何か形にしたいと考え、USCPAに出会いました。

会計士になりたいという気持ちがあったわけではないのですが、USCPAでは学んだ経理の知識を、買収会計にとどまらず包括的に、かつ体系的に学べると考え、受験を決意しました。

アビタスを選んだ理由

アビタスには受講している知り合いが何人かいたので、受験を考え始めた際にすぐに足を運びました。

まずそのプログラムが体系的にしっかりしていて、受験までのプロセスがクリアに見えたので最初から少し安心したのを覚えています。 加えて、実は自分が働いている会社に三輪さんが経理の研修プログラムで教えにいらしていたことがあり、その授業も見てわかりやすいことも事前に知っていたので、講師の方々に関しても最初からポジティブでした。

さらに、テキストがしっかりしていて、私の受験動機の一つである体系的に学ぶ、という部分が具体的にイメージできたのでアビタスに決めました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

やはりモチベーションの維持が重要だと思います。 友人や恋人、家族など理解者を作って、悩みを聞いてもらいながらでないと、なかなか持続した勉強はできないと思います。

その前提に加えて、やはり一刻も早くてつづきを終えて一度受験することでしょう。 受験するまでは、非常に淡白な勉強期間が続き、このまま本当に勉強していてたどりつけるのか、という不安に襲われてしまいます。 しかし、一度試験を受けると、たとえ失敗したとしても、あと少しだ、ここをこうすればきっといける!という「手触り」が出てきます。そこからはがむしゃらに行けると思います。

細かい勉強方法はもちろん色々とコツがあると思いますが、僕は基本的にアビタスの教材しかやりませんでした。

そもそも業務が毎日非常に忙しく、毎日終電まで働いていたため勉強時間を作ることが難しく、ひたすらDVDを見てMCを繰り返していました。しかしそれだけでも、基本的には大丈夫です。(これは書いていいのかわかりませんが、)僕はBECは三回MCをやっただけで合格しました(ぎりぎりですが)。

それを思い出してみても時間を作り、アビタスの教材と補講や模擬試験を受けていけば、必ず合格する線路に乗っていると考えて間違いありません。最近電車の中でMCをやっている方を見かけますが、そのまま信じて頑張れば必ず大丈夫!!と声をかけたくなります。

最後になりますが、健康には十分気をつけて、マイペースで頑張ってください!!

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)