USCPA合格者 匿名さん

匿名さん

通信
国内
会計知識無

匿名さん

多少の犠牲は必要だが、結果は必ず付いてきます。

  • 外資系金融 法務・コンプライアンス部

USCPAをめざしたきっかけ

外資系金融機関のコンプライアンス関連の仕事をしており、監査の知識と技法をより深めたいと思ったのがUSCPAを目指したきっかけです。また、CIAの継続教育としてUSCPAは絶好の資格と思い、CIA取得後迷わず申込みました。将来的には、内部監査部門で活躍したいと思っています。

学習方法

CIA受験でアビタスの講義を受講しており、講義・勉強方法など当校の方針を周知しておりました。CIAとUSCPAのテキスト構成も科目によっては共通するところもあり、スムーズに学習できると考え、アビタスを選びました。また、DVDコースにて受講しましたが、ライブ講義を通学オプションで期間内なら何度でも受講できる点が良かったと思います。貴重な休日を講義のために出席することで、無駄に時間を過ごしたくないという考えがあり、より集中力が高まったと思います。ですので、実はDVDはほとんど視聴しませんでした(万が一の保険として保有していただけです)。ライブ講義は、同一科目を2回受講し、1回目では全体像を把握し、2回目では1回目で気付かなかった事を発見し、より精度の高い学習を図りました。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

USCPAの出題範囲は、広範で多岐に渡ります。また、会計・監査基準も刻々と改定されますので、受験が長期化するほど、新制度に対応するための追加の時間を要します。よって、一度USCPAを取得するという決意を固めたら、初心を忘れず全うする意思を持って下さい。

そして学習期間中はUSCPA取得のために多少の犠牲を払うことを承知の上、勉学に励んで下さい。結果は、必ずついてくると思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)