USCPA合格者 T.Sさん

T.Sさん

通信
国内
会計知識無

T.Sさん

最後まで学習した結果としての「合格」は、自信につながりました。

  • 総合商社

USCPAをめざしたきっかけ

財務諸表のみならず、会社の仕事で経営全般をながめる業務に携わることとなったため、自己啓発の意味もあって勉強を始めたのがきっかけです。

はじめはCPAというと経理のプロというイメージがありましたが、いざ勉強を始めてみるとFARは科目の1つであり、それ以外の分野の勉強を通じても色々と学ぶことが多かったと感じます。あくまで自己啓発が目的であったため、自分自身にとっての成果は資格取得までの「プロセス」(で学んだ内容)であった一方、対外的にはやはり、最後まで学習した結果としての「合格」は不可欠で、「一仕事終わった」と自信につながっているような気がします。

英語が必要な業務に将来携わる可能性があるか等、状況にもよると思いますが、自分にとっての「プラスアルファ」を兼ね備えた上でのキャリアパスを考える上ではUSCPAを選択肢の一つとして見てもよいのではないかと考えます。

アビタスを選んだ理由

都内に学習する拠点があり、インターネットの検索、広告宣伝等でも目にする機会が多かったから。また、大手というイメージがあったため、自分の場合は特に他の選択肢はありませんでした。

もちろん予算第一という人もいるでしょうし学習の進め方も様々なタイプがあるでしょうから、費用対効果については色々なところと面談を行い、ざっくばらんにプロの意見を聞いた方が後悔はしないと思います。

これからUSCPAを目指す方へのアドバイス

お金と時間のかかる資格ですので、目指すと決めるまでは納得いくまでじっくり考え、覚悟を決める方がいいのではないかと思います。

目指すと決めたらキーワードは「継続」かと思います。

自分のような営業職の立場の人が今後のためにUSCPAを目指すという場合、やることが初見かつ広範囲なため、やれば幅広い経営の常識が身につくと思う一方で、疲れていても調子がよくても会社が忙しくても暇であっても毎日少しずつ我慢し、USCPAの勉強に触れる必要があるのではないかなと感じます 逆に、業務を通じて会計や監査に精通している方は全く異なるアプローチでも対応可能だとは思います。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)