USCPA合格者 川崎 磯憲さん

川崎 磯憲さん

通学
国内
会計知識無

川崎 磯憲さん

大手監査法人に転職の後マレーシア、香港の会計事務所にて勤務

  • 香港の大手監査法人

スキルと資格を身につけてキャリアアップしたいと思った

会計分野で専門性を身に付け、いずれは海外で働きたいと考えたのがUSCPA(米国公認会計士)を目指したきっかけです。

当時の私は簿記3級、英語はTOEIC490点。

マンション管理会社に勤め、組合の決算書を作成してはいましたが、会計については初心者でした。

アビタス ラーニングセンターは日本語ベースのテキストが見やすく、講師の方の説明がとてもわかりやすかったので、「これならついていける」と感じて入学を決めました。

残業の多かった以前の会社は退職をし、アルバイトや派遣社員として働きながら、土日は授業、平日は自習室を利用して勉強しました。科目合格を積み重ねる作戦で3年目の春に合格。

最後の試験の直前に念願の監査法人への就職も決まり、USCPA(米国公認会計士)として上場企業の会計監査、アニュアルレポートの作成などの業務に携わりました。

その後、マレーシアの会計事務所での勤務を経て、香港の監査法人に転職しました。今後は香港で経験を積み、専門性をより高めていきたいですね。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)