USCPA合格者 相馬 和幸 さん

相馬 和幸 さん

通信
海外
会計知識有

相馬 和幸 さん

海外で仕事を考えた際、言葉のハンデを補う一つの武器としてUSCPAを選びました。

USCPAをめざしたきっかけ

渡米以前、東京で証券業務を5年間行っておりましたが、国内市場の縮小に危機感を感じ、MBA取得を決意しました。将来的に日本国外で仕事を行う際に、英語ネイティブスピーカーと競合することになりますが、言葉のハンデを補う一つの非常に強い武器になると考え、取得を決意しました

アビタスを選んだ理由

最大手であり、実績が豊かであったこと。取得必要単位等のカウンセリングが丁寧であったこと。

学習方法 & これからUSCPAを目指す方へ

短期集中。1科目の合格率は40%程度であり、しっかり本腰を入れて勉強すれば、合格自体は決してそこまで難しい試験ではありません。しかし、カバーすべき範囲は膨大であり、細かい論点などは1ヶ月もすればすぐに忘れてしまいます。深い論点よりも浅く広い知識を問われるので、短期に集中して受験してしまうことをお勧めします。

MCを解いてから、先に進むこと。DVDの中で、講師の方々が繰り返しアドバイスしていることですが、必ずMCとTBSを解いてから、次のDVDに進むようにしましょう。教科書を読んだだけで解ける問題はほとんどでません。繰り返し問題を解いて、体に覚えこませましょう。

回答を読んでもわからない場合はしっかり質問する。浅く広い知識が問われるとは言ったものの、TBS問題等では、テキストの内容をしっかりと理解した上で応用を問われる問題もでます。また、実際の試験の全てが問題集に載っているわけではありません。アビタスの問題集をしっかり解いていれば合格できると思いますが、わからない部分をあいまいにせず、アビタスで教えている範囲のことについては、しっかり理解するように心がけましょう。急がば回れです。

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)