USCPAライセンスを取得するには

USCPAになるにはLicenseの取得が必要です。

USCPA(米国公認会計士)になるためには、試験に合格した後、ライセンスを取得することが必要です。
ライセンスを取得して、初めてCertified Public Accountant(CPA)になります。

USCPA試験全科目合格
USCPA合格と、USCPAライセンスは異なります。
USCPA

USCPA試験全科目に加え、ライセンス取得をすることでUSCPAになれる。

USCPA試験全科目合格
+
ライセンス取得
実務経験を積んで、USCPAライセンスを取得出来ます。
USCPA
履歴書、名刺に記載可能
州政府に登録

* 米国外の試験会場(日本会場を含む)で受験する場合、出願時に、「全科目合格から3年以内にライセンスを取得する意思があることに同意する」との文章にサインすることが必要です。

Licenseを取得するには

Licenseを取得するには、試験合格に加え実務経験が必要になります。

USCPA試験はAICPA(米国公認会計士協会)が問題を一括して管理している、全米統一の試験( Uniform CPA Examination )です。

そのため、出願する州によって問題の難易度が異なったり、合格基準が異なることはありません。 したがって、どの州に出願しても合格までに必要な学習時間は変わりません。

取得に必要な実務経験は州によって様々です。監査経験が必要な州もあれば、必要ではない州もあります。

出願にあたっては、将来、ライセンスを取得できる州を選択することが大切です。

試験合格
実務経験
bottom-arrow1
License取得

監査業務につく予定のない方は、グアム、ワシントン州への出願をおすすめします。

グアム、ワシントン州はライセンス取得に必要な実務経験として、非常に広い領域の業務を認めており、多くの州が要求している監査経験も必要ありません。 監査業務につく予定のない方にも実務経験を満たしやすい州といえます。

グアム、ワシントン州、モンタナ州以外の出願州はLicenseを取得する際に、本試験合格に加え、米国基準での監査実務経験を数年積まなければなりません。

多くの受講生が Licenseを希望しています。

USCPAのLicense取得を希望

当校受講生の約70%が、Licenseの取得を希望しています。当校のプログラムであれば、会計単位、ビジネス単位を全くお持ちでない方でも、Licenseの取得が可能です。

アビタスなら、USCPAの学習と同時に、受験資格を充たせる。

AICPA(米国公認会計士協会)もUSCPAを、会計士資格のグローバルスタンダードへと地位向上を考えているようです。 USCPA試験合格者には、Licenseの取得を推奨しております。

アビタスではライセンス取得サポートを行なっています。

USCPAライセンスの取得サポート(10,000円 税抜)も行なっています。
サポート対象はグアム、ワシントン州、モンタナ州の3州をカバーしています。
業界シェアNo1だからできる、サービス・サポートです。

ライセンス取得費用 一覧

アビタス 10,000円
A社 50,000円~
B社 30,000円~

 

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)