USCPA受験資格について

USCPA(米国公認会計士)試験は州ごとに受験条件が異なります。しかしながら、試験は全米共通です。

Alaska  アラスカ州

学歴要件は比較的易しい州です。

学歴要件

  • 4年制大学の学位
  • 会計科目 15単位以上

備考

  • 4大生の方は卒業に必要な単位数に対し不足する単位数が18単位以下であれば受験可。
    実際には、手続きの関係で4年生の後半で受験可能になります。

<ライセンス取得の要件>

2001年1月以降に4年制大学卒業の場合

  • 4年制大学の学位
  • 総単位150単位
  • 会計15科目以上

2008年1月以降に4年制大学卒業の場合

  • 4年制大学の学位
  • 総単位150単位
  • 会計24単位
  • Business Law 3単位
  • Economics 3単位
  • Statistics/Computer Science/Mathのいずれか3単位

実務経験

  • 一般企業、政府系機関、会計事務所のいずれかでの実務
  • 会計業務、監査証明業務、調製業務、アドバイザリー業務(マネジメントやファイナンス等)、税務、会計コンサルティング業務などの実務
  • USCPA(直属の上司)の下での実務

実務経験証明は、直属の上司かつUSCPAホルダーが行う。
※実務経験証明書は米国大使館や公証人役場にて公証を受ける必要あり
※実務経験証明書は証明者より直接アラスカ州へ提出する必要あり


Guam  グアム

監査以外の実務経験でもLicenseの取得が可能です。

学歴要件

  • 4年制大学の学位 (短大・3年制大学を卒業の方も受験可能です。)
  • Upper Divisionに該当する会計科目 24単位以上
    (財務会計、監査、税法、管理会計を全て3単位以上ずつ含むこと)
  • ビジネス関連科目 24単位以上 (経済学6単位以上、ファイナンス3単位以上、商法3単位以上を含むこと)
  • 受験条件を満たさずとも見込み受験が可能。ただし合格実績は「暫定合格」となり、初回受験から18ヵ月以内に上記条件を満たす必要あり。

<ライセンス取得の要件>

  • 総取得単位150単位以上の場合 1年(2,000時間)
  • 総取得単位150単位未満の場合 2年(4,000時間)
  • 会計業務(経理、財務、税務など)に関するものであれば、監査法人や会計事務所に限らず、(米国外を含む)一般事業会社での経験も認められ得る。
  • 実務経験の認証者は、USCPAライセンスホルダーであれば、直属の上司である必要はない。(社外の人であってもよい。)
  • ※監査・証明業務以外の実務経験を用いてLicenseの申請を行った場合には、「監査・証明業務は許可されないと記載された制限付きのLicense」が発行されることになります。

備考

  • アビタスでは、License取得を念頭においた出願州選択をご案内いたします。監査経験のある方は、”Attest License”の取得を、それ以外の方は、”Non-attest License”の取得を目指しましょう。

 

Licenseの種類 実務経験
Active License

公認会計士として活動を行っている状態を意味します。

必要
Inactive License

公認会計士として活動を行っていない状態を意味します。

不要

 


Washington  ワシントン州

監査以外の実務経験でもライセンスの取得が可能です。

学歴要件

  • 4年制大学の学位
  • 総取得単位 合計150単位以上
  • 会計科目 24単位以上
    (ただし最低15単位はUpper Divisionの単位でなければなりません。)
  • ビジネス関連科目 24単位以上

 

<ライセンス取得の要件>

  • 1年2000時間以上の実務経験
  • 会計業務(経理、財務、税務など)に関するものであれば、監査法人や会計事務所に限らず、(米国外を含む)一般事業会社での経験も認められ得る。
  • 実務経験の認証者は、USCPAライセンスホルダーであれば、直属の上司である必要はない。
    (社外の人であってもよい。)
  • 他州で合格した後に、ワシントン州に合格実績を移し、ライセンス 取得をすることもできる。

Montana  モンタナ州

 

学歴要件

  • Upper Divisionに該当する会計科目 24単位以上
    (Financial Accounting・Auditing・Taxation・Management Accountingを含む必要あり。)
  • ビジネス関連科目 24単位以上

<ライセンス取得の要件>

  • 4大卒の学位 総単位数150単位
  • 専門課程以上の会計関連科目24単位  ビジネス関連科目24単位
  • 実務経験年数 1年(2,000時間)
  • 実務経験は、一般事業会社・政府系機関・会計事務所のいずれかのものでよい。財務諸表の作成、マネジメント・アドバイザリー、コンサルティング・サービス、税務アドバイザリーなどの業務を通じて得られた会計及び監査の実務経験が認められる。

Maine   メイン州

学歴要件は比較的易しい州です。

学歴要件

  • 4年制大学の学位(または総取得単位 合計120単位以上取得していること)
  • 会計単位15単位(Accounting 3単位、Auditing 3単位を含むこと)

<ライセンス取得の要件>

  • ライセンス取得時には、150単位、会計15単位が必要になります。
    (必須科目として監査3単位・会計3単位)
  • 会計事務所で2年間、400時間の監査と200時間のアドバイザリー業務が必要になります。

Delaware  デラウェア州

学歴要件

  • 4年制大学の学位
  • 総単位数 120単位
  • 会計科目 24単位、 会計科目は、下記必須科目を含む必要あり。

 

  1. Financial Accounting
  2. Auditing
  3. Taxation
  4. US Federal
  • 備考
  • 通信制大学で取得された学位・単位は受験条件を満たす事ができません。
    (アビタスを通じて取得できる、カリフォルニア州立大学の単位は利用可能です)

New Hampshire  ニューハンプシャー州

学歴要件

  • 4年制大学卒業学位
  • 総取得単位 120単位
  • 会計単位 30単位以上
  • ビジネス単位 24単位以上

<ライセンス取得の要件>

  • 監査法人に勤務していれば、様々な実務経験が認められる。監査法人勤務の方はおすすめです。
    サインをする監督者は、申請者と同じ会計事務所(監査法人)にいる必要があり、監督期間中かつサイン時点においてライセンスを保持している必要があります。
  • Licenseを申請する場合
    会計48単位(財務会計、管理会計、税法、監査を含む必要あり)、ビジネス24単位、総取得単位150単位が必要となります。

Hawaii  ハワイ州

学歴要件

  • 4年制大学の学位
  • 全てUpper Divisionの会計学18単位以上

Illinois  イリノイ州

学歴要件

  • 4年制大学の学位
  • 総取得単位 合計150単位以上
  • 会計科目 30単位以上
    (Financial Accounting・Auditing・Taxation・Management Accounting、Research and analysis Accountingを含む必要あり。)
  • ビジネス関連科目 24単位以上(Business Communication、Business Ethicsを含む必要あり。)

備考

  • 日本の学部卒の方は総取得単位数が学歴審査の際120 単位まで切り下げられるため注意が必要。
  • Certificateを更新するには米国社会保障番号(Social Security Number)が必要になります。
  • 2011年中全科目合格し、Certificateを2012年7月1日までに取得すれば、実務経験なしでCertificateが取得可能です。

ニューヨーク州

学歴要件

  • 4年制大学の学位
  • 総取得単位 合計120単位以上
  • 以下4つのエリアの指定科目を取得していること
    Financial Accounting・Auditing・Taxation・Management Accounting

<ライセンス取得の要件>

  • 4年制大学の学位
  • 総取得単位 合計150単位以上
  • 会計33単位、ビジネス36単位
  • 実務内容は一般事業会社の会計もしくは会計周辺業務1年~2年、但し直属のUSCPAホルダーの下での実務である必要があります。
    また、ライセンス申請用紙にVISAの種類を記載する必要があるので、米国駐在1年以上の実務が必要とお考えください。
USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)