USCPAコースカリキュラム

USCPAライセンスを持った、実務家の講師が教えます。

伊藤 勝幸 / 米国公認会計士(USCPA)竹野 健太/米国公認会計士(USCPA)
伊藤 勝幸 / 米国公認会計士(USCPA)

伊藤 勝幸 / 米国公認会計士(USCPA)・公認内部監査人(CIA)

伊藤 勝幸 / 米国公認会計士(USCPA)

大学卒業後、渡米してシアトルを拠点とした製造業に勤務、 帰国後、2006年9月よりあらた監査法人に勤務。

金融機関に対する会計監査、自己資本比率規制監査業務、 IFRSコンバージェンスアドバイザリー業務等を行う。

担当科目 ・FAR ・BEC ・AUD

▶ 講義動画を見てみる。

竹野 健太/米国公認会計士(USCPA)

竹野 健太 / 米国公認会計士(USCPA)・公認内部監査人(CIA)

竹野 健太 / 米国公認会計士(USCPA)・ 公認内部監査人(CIA)

米国留学を経て早稲田大学商学部を卒業、香港上海銀行、三井住友銀行勤務後、KPMGグループに所属。

香港上海銀行にてアジア金融市場のマーケット調査、三井住友銀行にて中小企業向け貸金業務、 KPMGにてM&Aにおける企業価値算定業務やコーポレート・リストラクチャリングにおける財務デュー・デリジェンスなどを行う。

2005年11月より、アビタスのU.S.CPA講座、CIA講座、IFRS講座にて講師を務める。

担当科目 ・FAR ・BEC ・AUD

▶ 講義動画を見てみる。

FAR1-3(財務会計前半)

財務会計の前半では、財務諸表を作成する企業の経営者の立場で、米国会計基準に基づく企業会計の重要な概念を学習します。また同時に、国際会計基準(IFRS)の特徴と米国会計基準との差異についても扱います。

  • 該当するUSCPA試験科目 : Financial Accounting & Reporting
  • 出題比率 : 50%
  • クラス回数 : 全10回

▶ 詳細はこちら

FAR4&5(財務会計後半)

財務会計の後半では、引き続き企業会計の重要な概念を、国際会計基準(IFRS)との差異を交えながら学習すると同時に、IFRSの初度適用についても扱います。また、連邦、州、地方政府や非営利組織体に適用される会計である公会計についても学習します。

  • 該当するUSCPA試験科目 : Financial Accounting & Reporting
  • 出題比率 : 50%
  • クラス回数 : 全10回

▶ 詳細はこちら

BEC(ビジネス環境及び諸概念)

BECは戦略立案やオペレーション・マネジメント、財務管理、経済学、情報技術(IT)およびコーポレート・ガバナンスといった膨大な領域を網羅しています。当校では、基本的な概念の理解、およびUSCPA試験対策上重要なポイントに焦点を当てて学習します。

  • 該当するUSCPA試験科目 : Business Environment & Concepts
  • 出題比率:100%
  • クラス回数:全11回

▶ 詳細はこちら

AUD(監査及び証明業務)

監査及び証明業務では、企業の経営者が作成した財務諸表を監査する監査人の立場で学習します。監査計画や監査手続、監査報告等の監査プロセスについて、米国の監査基準で理解すると同時に、国際監査基準(ISAs)との比較についても学習します。

  • 該当するUSCPA試験科目 : Auditing & Attestation
  • 出題比率 : 100%
  • クラス回数 : 全10回

▶ 詳細はこちら

REG1(ビジネス法)

REG1では、米国におけるビジネス・ローの体系を整理した上で、各ビジネス・ローの規定やUSCPAの法的責任について学習します。

  • 該当するUSCPA試験科目 : Regulation
  • 出題比率 : 35%
  • クラス回数 : 全8回

▶ 詳細はこちら

REG2(税法)

REG2では、個人や法人が納める所得税やその申告手続き、税務上のUSCPAの責任について学習します。

  • 該当するUSCPA試験科目 : Regulation
  • 出題比率 : 65%
  • クラス回数 : 全10回

▶ 詳細はこちら

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)