USCPAを「いま」始める 3つの理由

USCPA に対する採用ニーズの高まり

IFRS( 国際会計基準) への対応

既に適用を発表した企業における適用の動機は、「国内外の投資家へ説明しやすい」が最も多く、「グループ経営管理の効率化」「業績を適切に開示できる」「海外企業との比較が容易になる」等も挙がりました。

ビジネスのクロスボーダー展開が避けることのできない状況の下で「英語で会計を読み解ける知識」を有するUSCPAに注目が集まっています。

アビタス キャリアセンターへの求人例

事業会社 経理担当(IFRS 導入)

募集背景:IFRS 導入のための人員補強
応募条件:公認会計士、USCPA の資格保有者、若しくは試験合格者。等

日本の公認会計士の不足によるニーズ

公認会計士試験の受験者数は継続的に減少しており、合格者数も2007年の4041人をピークに2009年には2,000人台、2011年には1,000人台まで落ち込みました。

公認会計士の主要な雇用主である監査法人も、より即戦力に近いUSCPAの雇用に積極的になっています。

アビタス キャリアセンターへの求人例

大手監査法人 会計アドバイザリー及び監査業務

募集背景:業容拡大に伴う人材募集
応募条件:USCPA 取得に向けて勉強中の方(科目合格者歓迎)

USCPA試験にリスニング導入の可能性

USCPA試験は「より実務に近い形式」で問われるという特徴があります。

出題内容(What)は大きく変化しませんが、出題形式(How)は実務の要請に合わせて変化します。
導入時期は未定ですが、数年後をめどに「Audio・Visual」を使ったリスニング形式の導入も検討課題にあがっています。

四択(MC)問題の出題比率が高い現行制度で1科目でも合格を目指すことが受験戦略上も有利です。

新試験制度でも科目合格は完全保持

何よりも始めることが早期合格への近道です。年末年始はまとまった時間が取れる絶好の機会です。

アビタスでは年末年始に学習開始される皆さまに合格応援キャンペーンを実施中。

新試験制度へ移行しても科目合格は完全保持される上、アビタスでは「新試験制度対応教材」を無償付与します。「いま」からでも安心して始めていただけます。

アビタスなら新試験制度変更前に合格が目指せます
しかも、移行期への対応も万全です

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)