学生のうちにUSCPAを狙うメリット

USCPAは就職に有利!!グローバルな視点でキャリアを狙おう!

グローバル化に対する認識と準備がチャンスを掴むための鍵!!

グローバル化が進む社会経済の状況下では、 日本にとどまらず、グローバルな視点でキャリアを構築していくことが、個人の市場価値を高め、チャンスをつかむ鍵となります。

グローバルな視点が大事

在学中ならではの3つのメリット

社会人に比べて学習時間の確保ができる!

USCPA(米国公認会計士)合格には、一般的に1000時間程度の学習時間が必要と言われています。

社会人になってからでは、この1000時間の確保は非常に困難です。在学中に学習を始めることで、合格までの期間を縮小することが可能です。(ちなみに、日本の公認会計士は約4倍の時間が必要といわれています。)

アビタスの教材は英語が苦手な方でも、1年間で合格レベルまで到達できる教材になっておりますのでご安心下さい

 

学生パック(学生料金)でお得にスタート!

学生パック料金でお申し込みできる

USCPA取得プログラム フルパック eラーニング + 通学 が可能

単位試験18科目(会計28単位+ビジネス24単位)取得料込

文学部・法学部・理工学部系統‐会計単位やビジネス単位をお持ちでない方向け

通常受講料 “学割パック” 受講料
749,300円(税込) 719,300円(税込)

USCPA取得プログラム ライトパック eラーニング + 通学 が可能

単位試験6科目(会計またはビジネス約16単位分)取得料込

商学部・経済学部・会計系大学院修士取得者-会計単位やビジネス単位をお持ちの方向け

通常受講料 “学割パック” 受講料
553,500円(税込) 523,500円(税込)

どちらのパックがご自身に合うか等、不明な点は、無料セミナーで解決!

 

無料説明会に参加する。

会計+英語の知識を強力にアピール!

USCPA(米国公認会計士)は【英語力】+【会計】の両方を習得できる。

USCPA(米国公認会計士)試験合格は、国際共通言語であるといってよい「英語」と、どのようなビジネス業態にも必ず存在する「会計」の両方に通じ た人材であることの証明となります。

経験の無い部分を、知識・資格でカバーすることで、就職時にアピール可能です。

USCPAよくあるギモン

米国公認会計士試験って難しいのでは・・・・?

日本の公認会計士試験は4000時間必要といわれています。また日本の公認会計士試験は競争試験のため、必ず受かる保障はありません。 一方、USCPA(米国公認会計士)試験合格までには、一般的に1000時間程度の学習時間が必要といわれております。

合格率も50%前後と非常に高いです。

なんで日本の会計士に比べて、勉強時間が短くて合格できるの?

USCPA(米国公認会計士)試験は、はじめから合格者の人数枠が決まっている試験ではありません。

USCPA(米国公認会計士)試験は落とすための試験ではなく、プロフェッショナルとして通用する能力と知識を試す試験なので、一定の能力に達成した受験 生は全員合格できる試験と考えられます。

つまり、USCPA試験は努力が無駄になる試験ではありません。

日本の公認会計士の方が評価が高い?

資格は活かし方ですので、どちらが上などといった事はありません。日本の会計士同様、USCPA(米国公認会計士)も、監査法人、コンサルティング、等で 活躍が可能です。

活かし方は、先輩の成功事例をご参照ください。

USCPAについてもっと知りたい!講義について教えてほしい!

アビタスのUSCPA(米国公認会計士)講座は、通学とeラーニングでの受講が可能。

新宿校・八重洲校・大阪校での受講の他、 ご自宅でも、試験に合格する実力を身につけていただけるようになっています。

海外の受講生も多く、世界中でアビタスの受講生が学習し、卒業生も世界中で活躍しています。
アビタスのUSCPA(米国公認会計士)講座はグローバルに活躍したい人にお勧めの講座です。

資料請求・ご質問はこちら

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)