【特別オンライン講義】90分で読める!「初めての英文決算書」

50名限定!ご予約はお早めに

 ご予約(無料)はこちらから 

 

会計はビジネスの基礎

全てのビジネスパーソンが理解しておかなければいけないビジネス知識それは『会計』です。

会計は、営業でも経理でも企画でもシステムでも、ありとあらゆる業種・業界で使われるビジネス知識です。会計を理解することで、今の業務を俯瞰してみることができ、あらゆる業務を行っていく上での指針となります。

今回は、この「会計」の中でも、全ビジネスパーソンが必ず理解をしておかなければない財務三表(BS・PL・CF)が90分で読めるようになります!

 

英文決算書の必要性

なぜ、日本語ではなく英文の決算書を読める必要があるのか?
それは、現在、日本の多くの企業がグローバルにマーケットを広げているからです。

投資を行う上でも、海外の会社の財務分析できる必要ができてきます。海外の会社との業務提携やM&Aというのは今後、加速度的に増えていくと予想されます。我々日本人は、日本国内の中でビジネスを行っていたとしても、英語で業務対応ができる必要性は増々高まっています。

 

これからの時代活躍できる人材とは?

これから求められる人材は、どこでも活躍できる、価値を生み出せる人材です。

それはあらゆる業界・業種に通じる『会計』× そして、全世界で通用する『英語』

この2つのスキルを備えた人材が、これからの時代、求められる人材となり得ます!

 

特別講義詳細

日時・開催場所

2020年11月15日(日)16:30-18:30 (オンラインで自宅から参加可)

16:30~18:00 初めての英文決算書(特別講義)
18:00~18:30 USCPA取得説明会

内容

90分で英文の財務三表の読み方を解説

定員

50名限定

参加特典

11月割引チケット1万円OFF+本イベント参加特典あり(11月30日(月)締切)

講師紹介

 

【伊藤 勝幸 / 米国公認会計士(USCPA)・公認内部監査人(CIA)】
大学卒業後、渡米してシアトルを拠点とした製造業に勤務。帰国後、大手監査法人の金融部に勤務。USCPA を取得。金融機関に対する会計監査、自己資本比率規制監査、IFRS コンバージェンスアドバイザリー業務などを行う。 エネルギッシュながらも落ち着いた語り口で、受講生アンケートでは「授業もさることながら、人柄も素晴らしい」と人気が高く、常にトップクラスの評価を受けている。

 

50名限定!ご予約はお早めに

 11/15(日)特別講義のご予約(無料)はこちらから 

 

 

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料) 

当社はクッキーを使ってサービスを提供しています。当社のウェブサイトにアクセスすることにより、クッキーポリシー に記載されているクッキーの使用に同意するものとします。