令和時代、生き残る道は自己投資!

令和時代、生き残る道は自己投資!

不確実性の時代を生き抜くためのパスポート「USCPA」

 終身雇用・定期昇給は崩壊?

2020年8月、国内最大手の自動車メーカーは、一律の定期昇給廃止を検討していることを発表しました。

製造業最大手企業のため、傘下のグループ会社をはじめ、多くの企業が、この動きに追随することが予想されます。

 

また、企業トップからも、「終身雇用は難しい」という声も相次ぐ中、経団連の中西会長も「終身雇用は守れない」という発言をしています。

 

企業や雇用のあり方は
大きな変化を迎えています!

 

 

令和時代、変化に対応できる人材とは?

変化に対応できる人材は、ずばり、普遍的なスキル・知識を備えている人材!

今の会社でしか使えないスキルでは、不確実性の時代の変化に対応できません。

今のままでいたら、あなたの座席の保証はないのです。

 

3日以内に、3社から、今の年収の3割増しでオファーの出る人材を目指す意識を持つ必要があります。

これは、ジョンソンエンドジョンソンが社員へ提唱している「333の法則」です。

 

いつ、何が起きても、どこへいっても
求められるスキル・知識をあなたはお持ちですか?

 

 

 

 

USCPA「米国公認会計士」という選択肢

不確実性の時代を生き抜くためのパスポートUSCPA

今、多くのビジネスパーソンの間で注目をされているUSCPAをご存知ですか?USCPAとは、米国公認会計士の資格です。

会計士の資格といっても、全員が会計士を目指すわけではありません。

 

 活躍フィールドは多岐にわたります。

USCPAが活躍する主なフィールド
  • 商社の事業投資部門
  • 金融機関
  • 外資系企業の経理・財務
  • 戦略コンサル
  • 投資銀行・PEファンド
  • 監査法人
  • 独立・フリーランス
  • 海外

 

 得られるスキルは、会計だけではありません!

会計・監査・ファイナンス・IT・法律など幅広いビジネス知識が得られ、さらに、そのスキルを英語で身につけることが可能です。

 

 これからますます加速する企業のグローバル化

「グローバル人材=英語が話せる」という考えの時代は終わりました。

「グローバル人材=英語を使って価値を生み出せる人材」です。

英語でビジネスができる人材が必要なのです。

 

 

「英語×ビジネス知識」で、何が起きても
どこにいてもビジネスを行えるスキルを身につけましょう!

 

市場価値を高めたい方
普遍的なスキルをつけたい
そんな方はまずは
USCPAを60分で理解できる無料説明会へ

 今すぐ予約
(1分で完了)

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)