監査法人・会計事務所での活用方法

 

監査業務

監査とは、企業の財務諸表がその財務状況や経営成績を適正に表示しているかどうかを、公正な立場の第3者である監査人(会計士)が判断し、意見を表明する一連の業務を指します。

米国系大手会計事務所では、日本に進出している米国系企業に対して、米国監査基準による監査業務も行いますので、USCPA(米国公認会計士)への強いニーズがあります。

また、最近では日本の大手会計事務所からのニーズも急増しており、日本の公認会計士と同様に採用され、国内でも活躍される方が目立つようになってきました。

 

アドバイザリー業務

国際税務、海外進出、M&A、組織再編・企業再生、移転価格サービス、国境を越えて様々な活動がなされる現在、監査法人でのアドバイザリー業務は多岐に渡ります。

様々の業務の中で、USCPA取得で得たビジネスに必要な知識を英語で活用することができます。

 

当校卒業生勤務先例

有限責任監査法人トーマツ、デロイトトーマツコンサルティング、アビームコンサルティング、あらた監査法人、プライスウォーターハウスクーパース、新日本有限責任監査法人、アーンストアンドヤング トランザクションアドバイザリーサービス、有限責任あずさ監査法人、他多数(敬称略)

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)