USCPA(米国公認会計士)の活かし方

ビジネスの世界で最も広く認められる、プロフェッショナル資格。それがUSCPAです。

グローバリゼーションの進行により、国際競争力のない企業は生き残ることが難しい時代となりつつあります。

そうした厳しい競争環境下にあって、グローバルな躍進を目指す企業に注目されているのが、USCPA(米国公認会計士)の資格です。

USCPA活躍のフィールド

USCPA活躍のフィールド

コンサルティングファームでの活用方法

国際ビジネスコンサルティング 海外での子会社の設立・運営に関する経営・財務面での調査実施、経営戦略立案などの総合的なアドバイス業務を行います。 続きを読む

経理・財務部門での活用方法

グローバルな金融市場から最も有利な形で資金調達を実現するためには、海外投資家・融資家に対する詳細な財務情報の開示が必要です。米国会計基準は最も厳しい開示レベルであるため、事実上のグローバルスタンダード会計基準として世界で広く用いられています。 続きを読む

監査法人・会計事務所での活用方法

米国系大手会計事務所では、日本に進出している米国系企業に対して、米国監査基準による監査業務も行いますので、USCPA(米国公認会計士)への強いニーズがあります。 また、最近では日本の大手会計事務所からのニーズも急増しており、日本の公認会計士(補)と同様に採用され、国内でも活躍される方が目立つようになってきました。 続きを読む

金融機関での活用方法

金融機関で先端的なデリバティブ知識などを活用して商品開発を行う業務です。高度な数学知識や統計理論の理解が必要ですが、米国会計・税務の専門知識が商品開発の際にも知識的な土台になります。 続きを読む

海外での活用方法

海外の大手会計事務所にて、日本企業の海外子会社・支店を対象に各種の会計サービス業務を担当するために、日本人USCPA(米国公認会計士)への求人ニーズがあります。 続きを読む
USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)