【業界最速】USCPA新試験対応教材 2020年10月リリース

2021年7月から、USCPA(米国公認会計士)試験が変わります。テクノロジーの進化と現代の会計士に求められるものに焦点をあて、AICPA(米国公認会計士協会)は、試験内容を変更します。

USCPAの合格者数4,000名を輩出する専門予備校アビタスでは、2020年10月に、業界最速となる新試験対応教材をリリースします。

 

9/30(水)までにお申し込みで現行教材の一部をプレゼント

さらに9/15(火)までにお申し込みで受講料2万円OFF

 

 

試験範囲変更と新教材のポイント

FAR(財務会計)
IFRSの除外と年金会計の一部の簡素化

USGAPP(米国会計基準)とIFRS(国際会計基準)の差異が論点として試験範囲に含まれていましたが、2つの会計基準の主要な差異は解消されたため、IFRSが試験範囲から除外されます。

USCPAの学習を通じて、IFRSの対応も可能です。年金会計の処理において、確定給付制度の会計処理は簡素化したもののみ出題となります。確定給付制度ではなく、確定拠出型に変更している企業が増えているのが背景です。

 

BEC(ビジネス関連)
最新のテクノロジーに関する出題が増加

日々進歩するテクノロジーに合わせて、ビジネスインテリジェンスなどが試験範囲に加わります。

暗号通貨ブロックチェーンに関する出題も加わると予想され、新教材はIT分野のボリュームを15%程度増やしました。サイバーセキュリティ、ビッグデータ、モバイルテクノロジーもカバーしています。

 

AUD(監査)
SOC1報告書の重要度を反映

限定報告や引受業者の書簡など論点が試験範囲から対象外となります。

また、SOC1報告書(受託企業のシステムにおける統制に関する報告書)の重要性が高くなったため、新教材に反映させました。SOC 1報告書とは、内部統制の一部委託について検証した結果を意見として表明した報告書です。

 

REG(ビジネス法・税法)
証券法をはじめ出題範囲の減少

ビジネス法の出題範囲から、証券法のすべて、破産法の一部、動産担保取引の一部が試験範囲から除外されます。
ビジネス法の分野は、テキストから約7%減らしました。トランプ税制により、個人の基礎控除額が増加したことが影響し、信託および遺産の課税所得税や遺産税の計算などが試験範囲から除外されます。

 

 

FARを現行試験で受けるラストチャンス !9月中に学習の方には現行教材の一部を無料提供!

9月中にお申し込みいただいた方限定で、新試験対応教材に加え現行試験対応教材の一部(英文会計入門+FAR)を無料で提供いたします。
2021年7月の新試験移行前に、現行試験でのFAR合格を目指せます。

新試験移行の過渡期でも、アビタスなら現行試験、新試験どちらも対応いたします。

新試験は、実務的な出題傾向が強まり、TBS(総合問題)では、資料の読み取りなどの問題が増えると予想されています。
単純な一対一対応の知識では太刀打ちできず、総じて試験の難度は上がると予想されています。

 

9月中に学習スタートならFARを現行試験で3月に受験可能!

 

10月学習スタートの場合は受験時期が7月に(新試験対応)

 

 

9月スタートで現行試験制度のうちに1科目合格を目指しましょう!

9/30(水)までにお申し込みで現行教材の一部をプレゼント!

さらに9/15(火)までにお申し込みで受講料2万円OFF

 

USCPA無料説明会を予約する  USCPA資料を取寄せる(無料)